漢字読み講座

【「金の雀(すずめ)の子ども」と書くこの漢字、超難問です!】「金雀児」、あなたは読めますか?

漢字だけをみると、「金の雀(すずめ)」という何ともゴージャスな感じですね。

そこに、「子ども」である「児」という字が加わり、「金雀児」。

 

これは縁起の良い鳥か、「麒麟児」のように天才児を指すような言葉でしょうか?

 

でも、今回はこの推測とはかなりかけ離れていますので、ヒントをみなければまず正解できないと思います。

 

さあ、この天才児ならぬ「金雀児」、いったい何と読む?

 

「金雀児」の読み方のヒントはコレ!

 ヒント① これは植物の名前です。

ヒント➁ 蝶の形をした黄色い花をつけます。

ヒント③ 「エ〇〇ダ」の4文字です。

 

「金雀児」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「エニシダ」です!

 

葉の根本に、モンキチョウが何匹もとまっているかのごとく、綺麗な黄色い花が特徴の「エニシダ」。

 

「エニシダ」は、ヨーロッパ原産のマメ科の落葉低木で、江戸時代の貿易を通じて日本に輸入され、鑑賞用として今日まで普及しました。

 

とても良い香りがするので、庭のガーデニングとして植えられることが多いですが、本場ヨーロッパでは枝の部分を「箒」の材料として利用するのが一般的だったそうです。

 

このことから、「箒=主婦」という図式が成り立ち、「エニシダ」がたくさん植えられている家は「女が強い」という伝承もあるんだとかwww

 

「エニシダ」がたくさん植えられている家があったら、奥様のことをつい見てしまいそうですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA