漢字読み講座

「注ぐ」ってなんて読む? そそぐと読むのも正解。ではもうひとつの読み方は?

「注ぐ」と書いて、そそぐと読みます。

「田んぼに水を注ぐ」

「雨が降り注ぐ」

「わが子に愛情を注ぐ」

「視線を注ぐ」

など、何かが流れて行ったり、向かっているいく様子を表す言葉です。

では、「注ぐ」と書いて(そそぐ)以外には何と読むでしょうか?

「注ぐ」読み方のヒントは?

はじめに、注ぐ(そそぐ)と来てしまえば、

他の読み方が思い浮かびにくいかも知れません。

でも、たいていの人が毎日行う動作です。

「注ぐ」読み方のもうひとつのヒントは?

もっとヒントを言えば、(そそぐ)は何にでも使える読み方ですが、

もうひとつの読み方は、食べるものに関して使う読み方です。

ひらがなにすると「〇ぐ」です。

もう答えはわかりましたか?

「注ぐ」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「つぐ」

です!

 

「飲み物を注ぐ」

「お酒を注ぐ」

などは代表的な使い方ですが、

ご飯を注ぐ

お茶を注ぐ

なども実は方言ではなく、ちゃんとした標準語です。

 

普段から使っている言葉も、漢字にしてしまうと悩んでしまいますよね。

是非、覚えておきましょう。

 

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA