漢字読み講座

【今日の難読漢字】「御利益」「明朝体」「責任転嫁」この3つの漢字は読めますか?サッと読めればカッコいい!

今日の難読漢字は

「御利益」

「明朝体」

「責任転嫁」

の3つです。

 

どの漢字も、サッと読めれば知的なイメージです。

さあ、なんと読むでしょうか?

まず最初の難読漢字は「御利益」!

利益が(りえき)と読むので、そのまま(ごりえき)と覚えている人が多いですが、

実は(ごりえき)は間違いです。

神や仏を信じることにとって、もらえるであろうアレのことです!

「御利益」の読み方のヒントはコレ!

使い方としては、

「御利益にあずかる」

「御利益がありそうだ」

など。

日ごろからよく使う人も多いのではないでしょうか?

さて、もう分かりましたか?

「御利益」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「ごりやく」です!

 

利益の反対語は「損失」です。

しかし御利益は、見返りを期待して行うものではありません。

それでもトイレ掃除や玄関掃除は、神様の御利益がありそうなので、いつも進んでしている人もいますよね。

普段から御利益を貰えるように、心がけておきたいものです。

次の難読漢字は「明朝体」!

紙媒体ではいまだに使う事の多い、文字スタイルの代表格である「明朝体」。

目で見て「これが明朝体!」とはわかるものの、

実際に読み方を口に出す事は少ないかもしれません。

さて、なんと読むか分かりますか?

「明朝体」の読み方のヒントはコレ!

(めいあさたい)でも(めいちょうたい)でもありません。

明朝(みょうちょう)のイメージが強いので、(みょうちょうたい)と読んでしまう人も。

ひらがなにすると「〇〇〇〇〇たい」です。

もっと言うならば「みん〇〇〇たい」です。

さあ、もうわかりましたか?

「明朝体」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「みんちょうたい」です!

今でもベーシックなフォントとして大活躍中です。

ぜひ、覚えておきましょう。

最後の難読漢字は「責任転嫁」!

責任は(せきにん)で正解です。

「転嫁」という言葉の意味は、昔は再婚という意味合いでしたが、

現在では、他人に罪をなすりつけるという意味で使われています。

さて、なんと読むか分かりますか?

「責任転嫁」の読み方のヒントはコレ!

よく「責任転換」(せきにんてんかん)と間違って使っている人が居ます。

正しくは「責任転嫁」です。

ひらがなにすると「せきにん〇〇〇」です。

もうわかりましたか?

「責任転嫁」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「せきにんてんか」です!

 

「せきにんてんかん」と間違えて覚えていた人も多いでしょう。

昔は、自分の罪を嫁に罪をなすりつけて、元嫁を再婚させたら自分の罪も拭えると思っていたのでしょうか?

ちょっと許せませんね!

ぜひ、覚えておきましょう。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA