漢字読み講座

【今日の難読漢字】「泥鰌」「蝙蝠」「蜆」。「蝙蝠」も「蜆」も昆虫??

今日の難読漢字は

「泥鰌」

「蝙蝠」

「蜆」

の3つです。

 

さあ、何と読む?

 

まず最初の難読漢字は「泥鰌」!

「泥鰌」の読み方ですが、普通は「カタカナ」表記なので、漢字になったものはあまり目にしませんね。

 

1文字目は「泥(どろ)」と分かるんですが、2文字目が難しい・・・。

 

「鰌」は、魚へんに「酒」のような字が組み合わさっていますが、「さけ」や「しゅ」とは読みません。

 

ちなみに、「鰌」の1文字だけでも「泥鰌」と同じ読み方をします。

 

「泥鰌」の読み方のヒントはコレ!

 「〇〇〇〇」の4文字です。

「泥」の中をはじめ、田んぼや小川に生息しています。

 

「泥鰌」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「どじょう」です!

 

「泥鰌」は、食用でもお馴染み、ウナギに似た淡水魚ですね。

 

「泥」の字から分かるとおり、生息地は「泥」がある田んぼや小川です。

大きさは20cm程度で、口ひげは両方に5本ずつあります。

 

ちなみに、口ひげが3本になると「シマドジョウ」や「アメドジョウ」と呼ばれている種類になり、いずれも食用にされています。

 

昔から柳川鍋のメイン材料として親しまれており、その独特な味が多くの人を魅了している、そんな「泥鰌」です。

 

次の難読漢字は「蝙蝠」!

今回は超難問です!

 

まず2つの漢字からして日常的には使わないものですし、そもそも「虫へん」がつく漢字って昆虫はもちろん、魚介類のケースもあるので予想もつかないですね・・・。

 

音読みや訓読みである程度、推測ができる漢字もありますが、「蝙蝠」は漢字自体が難しくてそれすら出来ません・・・。

 

今回はおとなしく、ヒントを見ながら正解に近づいていくことにしましょう!

 

「蝙蝠」の読み方のヒントはコレ!

「〇〇〇〇」の4文字です。

通常は「カタカナ」表記します。

 

「蝙蝠」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「コウモリ」です!

 

「蝙蝠」は、ハロウィンや魔女や吸血鬼とセットで出てくるイメージがある動物ですが、哺乳類として翼をもち、完全な飛行ができる動物として知られています。

 

鳥類と同様にはばたくことによって飛びますが、その羽の構造は鳥の羽毛とは違い、「蝙蝠」の翼は「飛膜」と呼ばれる伸縮性のある膜でできているのが特徴です。

 

哺乳類で飛行する動物としては、他にムササビやモモンガなどがいますが、鳥類に匹敵するほどの飛行能力を持つのは「蝙蝠」だけなんですって!

 

さすが、スーパーヒーローのバッドマンのモチーフになるだけのことはありますね!

 

最後の難読漢字は「」!

シンプルに1文字だけの「蜆」。

 

漢字の成り立ちをみると「虫へん」に「見」という組み合わせなので、「虫を見る」でしょうか。

 

「虫を見る」と言われれば、昆虫を捕食する何かと想像できますが、そうすると鳥類の何か?

 

意外に難問ですが、頑張ってチャレンジしてみてください!

 

「蜆」の読み方のヒントはコレ!

「〇〇〇」の3文字です。

これは昆虫ではありません。

 

「蜆」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「しじみ」です!

 

「蜆」という漢字は、成り立ちはシンプルですが漢字検定1級の難問でした!

読めないのも納得です。

 

また、貝なのになぜ「虫へん」がつくのかというと、もともとは小さい貝で「縮んでいるように小さい=縮み」が語源という説があります。

 

虫のように小さく、浅瀬に「顕現する=見る」ということから、虫+見で「蜆」となったと言われています。

 

お寿司屋さんでも定番の味噌汁として「蜆汁」がありますが、これがまたお寿司と相性抜群で最高なんですよね!

 

今夜の味噌汁の具材は「蜆」に決定!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA