漢字読み講座

「固執」の読み方は?「こしつ」と読む人が多いのですが正しくは…

「固執」の読み方をご存知でしょうか?

「こしつ」と読む方が多いのですが、実はそれは慣用読み

慣用読みとは、間違える人が余りにも多いため認められた読み方です。

それでは、本来の読み方をあなたは知っていますか?

「固執」の読み方のヒントはこちら

  • ひらがなで書くと「〇〇〇〇」の4文字
  • 自分の意見などにこだわって曲げないこと
  • 類義語には、「貫徹、頑固、終着」などがある

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「固執」の読み方!正解は!?

正解は「こしゅう」です!

冒頭でお伝えしたように、「こしつ」と読むのは慣用読みで本来は間違い。

しかし、ほとんどの人が「こしつ」と読んでいて、「こしゅう」と読む人はあまりいないようです。

「執」の字が中国から入ってきた時は「しゅう」だったのが、日本で「しつ」に変化したと考えられています。

現在では、常用漢字表やNHKにおいても「こしつ」の方を認めているようです。

とはいえ、本来は「固執(こしゅう)」なので、知識のひとつとして知っておくのは良いかも知れませんね。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA