漢字読み講座

「情緒」の読み方は?「じょうちょ」以外でお答えください

「情緒」の読み方をご存知でしょうか?

一般には「じょうちょ」と読まれていますが、実はそれは慣用読み

慣用読みとは、間違えた読み方をする人が余りにも多いため、認められた読み方です。

では、本来の読み方は…?

「情緒」の読み方のヒントはこちら

  • 「じょうちょ」と一文字しか違いません
  • 「一時的な感情」「しみじみとした趣」などの意味を持ちます。
  • 「庭園は日本情緒に溢れていた」「彼は情緒不安定なところがある」などと使います。

以上のヒントから考えてみてくださいね。

「情緒」の読み方!正解は!?

正解は「じょうしょ」です。

しかし「じょうちょ」と読まれることがほとんどですね。

冒頭でも説明したように、「じょうちょ」という読み方は慣用読みとして認められているため、間違いではありません。

現在では、常用漢字表やNHKでも「じょうちょ」という慣用読みが採用されています

「緒」という字は「一緒(いっしょ)」「内緒(ないしょ)」「由緒(ゆいしょ)」のように、普通は「しょ」と読まれます。

「情緒(じょうちょ)」のように「ちょ」と読むのは例外的だといえるでしょう。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA