漢字読み講座

「開眼」の読み方がわかりますか?「かいがん」以外で答えてください

「開眼」の読み方をご存知でしょうか?

「かいがん」と読むのは、眼科手術などで目が見えるようになることをいう場合のみ。

「開眼」には違った読み方が存在しますよ。

「かいがん」と読む場合とは、意味も全く異なってきます。

さて、あなたにはその読み方がわかりますか?

「開眼」の読み方のヒントはこちら

  • ひらがなで書くと「〇〇〇〇」の4文字
  • 「仏像や仏画に眼を描き入れること」や「真理・真髄を悟る」といった意味があります
  • 「芸能の道に開眼したのは、劇団に所属していた友人の影響だ」のように使います

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「開眼」の読み方!正解は!?

正解は「かいげん」です!

目が見えるようになることを「開眼(かいがん)」というため、「開眼(かいげん)」と混同している場合も見られますが、意味が全く異なります。

ヒントで紹介したように、仏像などに最後に眼を描き入れて魂を込めることを「開眼(かいげん)」と呼びます

たとえば、お墓や位牌、仏壇などに読経をしてもらって、魂をこめることを「開眼供養(かいげんくよう)」と呼ぶのも、そこから由来しているのですね。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA