漢字読み講座

【今日の難読漢字】「卜う」「孑孑」「気触れる」「集く」「漏洩」あなたは読めますか?

今日の難読漢字は

「卜う」

「孑孑」

「気触れる」

「集く」

「漏洩」

の5つです。

さて、なんと読むか分かりますか?

1つ目の漢字は「卜う」

「卜う」の読み方をご存知でしょうか?

素直に「とう」と読んでしまったかも知れませんが、カタカナではありませんよ。

「卜」は立派な漢字です。

さて、あなたには読むことができますか?

「卜う」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇う」の4文字です
  2. 一般には5画の漢字を使っています。
  3. 「動物」「星」「血液」これらに関係する言葉といえば?

以上の3つのヒントで考えてみてくださいね。

「卜う」の読み方!正解は!?

正解は「うらなう」です!

ヒントでほとんどの方がわかったかも知れませんね。

一般には「占い」という漢字を使い、動物占い、星占い、血液占い、夢占いなど、占いにはたくさんの種類があります。

古代の中国には「亀卜(きぼく)」という占いの方法があり、亀の甲羅を焼いてひび割れを起こし、その割れ目の形で吉凶を占っていました。

「亀卜」は日本でも行われたため、一般に使われる「占」という漢字の部首も「卜」の部分になっています。

2つ目の漢字は「孑孑」

「孑孑」の読み方をご存知でしょうか?

もちろん「ここ」ではありません。

よく見るとわかりますが「子」ではなくて「孑」になっています。

横棒が少し右上がりですね。

さて、あなたには読むことができますか?

「孑孑」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇〇」の4文字
  2. 夏になると飛んでいる、あの虫の赤ちゃんです
  3. 水たまりなどの中に漂っていますよ

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「孑孑」の読み方!正解は!?

正解は「ボウフラ」です!

ボウフラとは夏になるとブンブン飛び回る「蚊」の幼虫で、水たまりなどの中を漂っているのを見ることがあります。

ボウフラが多く発生するのは梅雨のシーズン以降。

25度以上の気温と水、そしてオスとメスの蚊さえいればどんどん繁殖し、2~4日で蚊になってしまいます。

そんなボウフラをあっという間に撃退してくれるのが、メダカです。

ボウフラが繁殖した水の中にメダカを入れると、パクパクと食べてくれるのです。

環境にもメダカにも良い、すてきな駆除方法ですね。

3つ目の漢字は「気触れる」

「気触れる」の読み方をご存知でしょうか?

「きふれる」と読むのは、もちろん間違いです。

そんな日本語はありませんからね…

なかなかの難読漢字ですが、あなたには読むことができますか?

「気触れる」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇〇」の4文字です。
  2. 「刺激物に触れて皮膚が炎症をおこす」ことをいいます。
  3. 「何かの影響を強く受けて行動や考え方が変わる」という意味もあります。

以上の3つのヒントで考えてみてくださいね。

「気触れる」の読み方!正解は!?

正解は「かぶれる」です!

ヒントで紹介したように、うるしや薬品などの刺激物が肌に触れることで、赤くなったり、かゆくなったりすることをいいます。

また、何かの影響を強く受けて行動や考え方が変化することも「かぶれる」といいますね。

普段の生活の中でよく耳にする言葉が、漢字で書かれると何のことかわからなくなることもしばしば。

この機会に「気触れる」の読み方を覚えておくと、ちょっとしたネタとして使えるかも知れませんよ。

4つ目の漢字は「集く」

「集く」の読み方をご存知でしょうか?

当然ですが「あつく」でも「しゅうく」でもありません…

「集」は頻繁に目にするありふれた漢字なのに、かなりの難読ですね。

さて、あなたには読めますか?

「集く」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇く」の3文字
  2. 意味は群れになって集まることです
  3. おもに、虫や鳥などの生き物が集まるさまを「集く」と表現します

以上の3つのヒントで考えてみてくださいね。

「集く」の読み方!正解は!?

正解は「すだく」です。

「集」には、「集まる(あつまる)」「集く(すだく)」「集う(つどう)」「集る(たかる)」などの読み方があり、いずれも人や生き物などが集まってくる様子を表す言葉です。

「集」の字の上の部分は「鳥」を表していて、下は「木」になっています

「集く」という言葉は、木の上にたくさんの鳥が集まっている様子を表現しているのですね。

鳥から派生して、虫が集まって鳴く様子も「集く(すだく)」と表現します。

現代ではほとんど耳にしない言葉ではありますが、とても美しい日本語なので、ぜひ覚えておいてくださいね。

5つ目の漢字は「漏洩」

「漏洩」の読み方をご存知でしょうか?

「ろうえい」と読まれている方が多いかと思います。

もちろん間違いではありませんが、「ろうえい」と読むのは慣用読みになります。

慣用読みとは、間違えた読み方をする人が余りにも多いため、認められた読み方です。

それでは、本来の読み方があなたにはわかりますか?

「漏洩」の読み方のヒントはこちら!

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇〇」の4文字です
  2. 秘密が外部に漏れることをいいます
  3. 「ろうえい」という読み方と2文字しか違いません

以上の3つのヒントで考えてみてくださいね。

「漏洩」の読み方!正解は!?

正解は「ろうせつ」です!

とはいえ、現代ではほとんどの場合「ろうえい」と読まれているので、「ろうせつ」という響きからは意味を理解してもらえないかも知れません。

近年特によく耳にするのは「個人情報の漏洩」ですね。

この言葉も「個人情報の漏洩(ろうせつ)」と聞くと、ピンと来ない方が多いかも。

類義語に「開示」「摘発」「暴露」などがありますが、意味は少しずつ違うため注意が必要です。

まとめ

今日の難読漢字5つ、あなたはいくつ読めましたか?

ぜひまた漢字クイズに挑戦してみてくださいね☆

最後までお読みいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA