漢字読み講座

「憚る」ってなんて読む? 無駄なおしゃべりは憚りなさい!?

「憚る」と書いて、なんと読むか分かりますか?

使う事が無くても、絶対に耳では聞いたことのある言葉です。

さて、なんと読むでしょうか?

「憚る」読み方のヒントは?

差し障りをおぼえてためらう。気がねする。遠慮する。ためらうなどの意味があり、

世間体を気にして「世間体を憚る」と使ったり、

逆に「誰にも憚らず、自由にする」などと使います。

また、幅をきかす。増長する。いばる。という意味でも使われており、

有名なのは「憎まれっ子世に憚る」ですね!

なんとなく、わかりましたでしょうか?

「憚る」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇る」です!

さあ、もうわかりましたか?

「憚る」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「はばかる」

です!

 

「憎まれっ子世に憚る」と言われていた子は、たいてい成功しています。

少々無神経で人に嫌われても、上手に世の中を渡っていけるのでしょう。

見習いたいですね。

読み方もぜひ、覚えておきましょう。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA