漢字読み講座

「悪戯」の読み方は?「あくぎ」ではない方の読み方でお答えください

「悪戯」の読み方をご存じでしょうか?

「あくぎ」と読むこともできますが、もう一つの読み方を正解とします。

普段の生活の中でよく耳にする言葉なので、字面からピンときた方も多いかも知れません。

さて、あなたには読むことができますか?

「悪戯」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇〇」の4文字です。
  2. 人の迷惑になるような悪ふざけをすることを言います。
  3. 「悪戯小僧」「悪戯っ子」

以上の3つのヒントから、考えてみてくださいね。

「悪戯」の読み方!正解は!?

正解は「いたずら」です!

冒頭でお伝えしたように、勘の良い方は字面からすぐにわかったかも知れません。

「悪戯」は「あくぎ」とも読みますが、意味合いが少し違います。

「いたずら」には「迷惑になる悪ふざけ」以外に、自分のことを謙遜して言うといった意味も含まれています。

例えば「脚本はほんの悪戯で書いています」などの言い方です。

また、性的に淫らな事柄を言う場合にも使われます。

しかし「あくぎ」の方は、単に「迷惑になる悪ふざけ」といった意味しかありません。

現代ではほとんどの場合「いたずら」と読まれるようです。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA