漢字読み講座

「破綻」の読み方は?「はじょう」と読んでしまうと恥ずかしいかも…

「破綻」の読み方をご存じでしょうか?

「破錠(はじょう)」と少し似ていますが、よく見ると「錠」ではなくて「綻」ですね。

「綻」という字には「ほころびる」という意味がありますよ。

さて、あなたには正しい読み方がわかりますか?

「破綻」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇」の3文字です。
  2. 関係性が修復できないほど壊れてしまうことです。
  3. 「結婚生活は破綻した」「会社が破綻の危機に陥っている」などと使います。

以上の3つのヒントから、考えてみてくださいね。

「破綻」の読み方!正解は!?

正解は「はたん」です!

「破」はやぶれたり壊れることで、「綻」は、縫い目がほどけて離れてしまうこと」です。

これらの2つの字を合わせた「破綻(はたん)」という言葉は、修復できないほどに壊れてしまうことだとわかりますね。

類義語としては、「破滅」「破産」「失墜」などがありますが、少しずつ意味が異なるため、使い方には注意が必要です。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA