漢字読み講座

「塩梅」ってなんて読む? 塩の梅ですが(しおうめ)ではありません。

「塩梅」と書いて、なんと読むか分かりますか?

元々の意味と、現在使われている意味は少し違ってきますが、それでも一貫して「ちょうどいい」という意味には変わりはありません。

料理はもちろん、お湯かげんから体調まで何でも「塩梅」を目安に使うことができます。

さて、「塩梅」と書いてなんと読むでしょうか?

「塩梅」読み方のヒントは?

大昔は、調味料があまりなかったため、調味料の基本は海水の塩と梅酢を意味する物が「塩梅」でした。

その「塩梅」が丁度いいことを「ちょうどいい塩梅」「いい塩梅」などといいます。

今でも、料理の味の濃さが丁度良かったり、体調が絶好調だったり、お湯かげんが丁度良かったりしたら「いい塩梅」と言います。

満足度としてはかなり高いということですね!

逆に「煮物の味の塩梅が難しい」「機械の塩梅が悪い」などとも使います。

「塩梅」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇〇」です!

さあ、もうわかりましたか?

「塩梅」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「あんばい」

です!

何でも丁度いい塩梅になれば幸せですね!

ぜひ、覚えておきましょう。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA