漢字読み講座

「狼煙」ってなんて読む? (ろうえん)ではありません!

「狼煙」と書いて、なんと読むか分かりますか?

「狼」の「煙」ですが、(おおかみのけむり)ではありません。

しかし狼のフンが使われていたことから、その名前が付きました。

さて、「狼煙」と書いてなんと読むでしょうか?

「狼煙」読み方のヒントは?

狼煙は大昔の通信手段です!

今でも遭難した時には「狼煙」を上げて、救助を待ちます。

狼煙に狼のフンを混ぜると、まっすぐに煙が上がるという言い伝えがあります。

確かに煙が上に上がった方が、より広範囲に知らせることができますね。

実際に遭難した時には、煙を出し続けないといけないのでヨモギ、松、杉、ヒノキなどがおすすめなんだそうです。

できれば遭難したくないですが、頭の片隅に置いておくといざという時に使えるかもしれません。

「狼煙」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇」です!

さて、もうわかりましたか?

「狼煙」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「のろし」

です!

 

今でも狼煙が上がっていれば、つい見てしまいますよね。

ぜひ、覚えておきましょう。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA