漢字読み講座

【一般教養問題】「苛む」って何て読む?「かむ」や「いらむ」ではありません!

「苛む

これ、何と読むかわかりますか?

 

何となくネガティブなイメージのある漢字ですが…

 

さあ、あなたは何と読みましたか?

 

「苛む」読み方のヒント!

 

「苛む」の漢字は、

「苛々」で「イライラ」と読みます。

 

それなら答えは「いらむ」だ!

と思った方、残念!

 

「苛む」は「〇〇〇む」と3文字が入ります。

 

さて、一体何と読むのでしょうか?

 

「苛む」の読み方、正解は…

気になる正解は…

 

 

 

 

「さいなむ

です!

 

「苛む」は、

「叱ったり責め立てたりする」こと。

また「いじめる・苦しめる」という意味も持ちます。

 

「弱い者を苛む」「騒音に苛まれる」など

良い意味では使われない言葉です。

 

「苛」という漢字に

「きつい」「きびしい」「むごい」などの意味があるため、

この漢字が使われると、大体はネガティブな意味になってしまいます。

 

よくセットで使われる言葉として

「良心の呵責に苛まれる」というものがあります。

 

呵責は、こちらも「厳しく叱る」という意味。

つまり「自分の良心が厳しく責め立て、自分自身を苦しめる」という言葉なんです。

 

ネガティブな言葉ではありますが、

新聞や小説などでは比較的よく見かける「苛む」。

 

一般教養として覚えておくべき漢字なので、

ぜひこれを機に覚えてみてくださいね!

 

ABOUT ME
toi
コーヒーと文房具とディズニーをこよなく愛するライター。 漢字検定2級を取得しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA