漢字読み講座

「実子」ってなんて読む? (じつご)でも(みこ)でもありません。

実子」と書いて、なんと読むか分かりますか?

名前の(みこ)ちゃんでもありませんし、(じつご)とも読みません。

でも、本当の子どもというイメージで合っています!

さて「実子」と書いてなんと読むでしょうか?

「実子」読み方のヒントは?

血のつながりのある子どもの事を「実子」といいます。

「じゃあやっぱり(じつご)って読むんじゃない?」

と思った方は、そのまま(じつご)と口に出してしまうと少し恥ずかしいです。

ほとんどの人が、何の疑問も持たずに親子関係を築いていますが、親が死んで相続の時に「実子」というのは大きなポイントとなります。

あんまり普段は関りが無い言葉ですが、間違って読むことの無いように注意しておきましょう。

さて、読み方ですが(みこ)でも(じつご)でもないとすれば、なんと読むでしょうか?

「実子」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇」です。

もうひとついうと「〇〇し」です!

「実子」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「じっし」

です!

 

なお、親の再婚などで特別養子縁組をしていれば、相続の時に実子と同じだけもらえます。

ぜひ、覚えておきましょう。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA