漢字読み講座

「杖朝」は「つえあさ」としか読めない!というのは間違いです。読めたらあなたも漢字マスター!

「杖朝」は、「つえあさ」としか読めない!

・・・そう思ってしまう人も多いのではないでしょうか?

さらに「杖」と「朝」が組み合わさった言葉「杖朝」が、どういう意味なのかも想像がつかないですよね。

何と読むのか?

どういう意味なのか?

さっそく見ていきましょう!

「杖朝」の読み方のヒントは・・・?

「杖」も「朝」も、訓読みではなく音読みします。

「杖」の訓読みは「つえ」だと分かっても、音読みは・・・?という方も、「朝」の音読みは分かるのではないでしょうか?

そうです、「ちょう」です!

そして「杖朝」の読み方は、ひらがなにすると「〇〇〇ちょう」の6文字になります。

考えてみてください。

「杖朝」の読み方の答えは・・・

正解は、「じょうちょう」でした!

「杖」の音読みですが、視覚障害のある方が使用する杖を「白杖(はくじょう)」ということから推測した人もいるのではないでしょうか?

気になる「杖朝(じょうちょう)」の意味ですが、満60歳を「還暦」、満88歳を「米寿」と呼ぶような年齢を表す言葉の1つなんです。

「杖朝」はずばり、80歳の呼び方

儒教の経典「礼記・王制篇」に書かれている古代中国で使われていた言葉で、「80歳になれば朝廷でも杖を突くことを許された」ことから「杖朝」が80歳の呼び方になりました。

ちなみに「杖国(じょうこく)」は70歳の呼び方。

70歳になれば国中つえを突くことが許された」ことから、70歳を意味しています。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA