漢字読み講座

「昊天」って何て読む?(ひてん)ではありません!

「昊天」って何て読むか分かりますか?

(ひてん)ではありません。

 

「昊」はあまり馴染みのない漢字ですよね。

 

しかし、NHKの大河ドラマである『おんな城主直虎』の登場人物として「昊天」という名前の僧侶が出てきますので、読み方を知っている人も多いかもしれません。

 

さあ、一体何と読むのでしょうか?

「昊天」の読み方のヒントは?

「夏の空」や「広い空・大空」を意味します。

 

「昊天」の「昊」だけでも、「空・大空」を表す漢字です。

 

「天」も「空・上空」を意味しますので、二つ合わせて広い空を表現しています。

 

何と読むか分かりましたか?

 

「昊天」の読み方、正解は……

ひのき枕

正解は……

 

「こうてん」

 

です!

 

最近では、子どもの名前にも使われています。

「昊天」と書いて(そら)と読んだり、「青昊」と書いて(あおぞら)(せいごう)(そら)という名前も人気です。

 

また、長崎県大村市に「昊天宮」と呼ばれている神社があります。

起源は約2000年前の由緒ある神社です。

パワースポットとしても人気があります。

 

昊天宮には大村市指定天然記念物であるクスノキもあり、人気の観光地です。

 

長崎に行く機会がありましたら、ぜひ立ち寄ってください!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ABOUT ME
yama-sa
佐賀県在住の佐賀をこよなく愛するライターです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA