漢字読み講座

「鋤焼」「初心」「獰悪」これら3つの漢字の読み方がわかりますか?

今回は「鋤焼」「初心」「獰悪」です。

見たことはあるのに、なかなか読めないこれらの漢字。

あなたは全部読めますか?

1問目はこの漢字から!「鋤焼」

「鋤焼」の読み方をご存じでしょうか?

「鋤」は「じょ」と読むことができるので「じょしょう」?

と読むのはもちろん間違いです。

では何と読むのが正しいか、あなたにはわかりますか?

「鋤焼」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇〇」の4文字です
  2. 牛肉と野菜を使った鍋料理といえば?
  3. 関東と関西で調理法が少し違います

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「鋤焼」の読み方!正解は!?

正解は「すきやき」です!

ヒントの段階でほとんどの方がわかったかも知れませんね。

すき焼きの起源は、江戸時代までさかのぼります。

元は農具の鋤(すき)を使って肉や魚を焼いたことから「すき焼き」と呼ばれるようになったそうですよ。

ヒントで紹介したように関東と関西では調理法が少し異なり、関東は割り下で肉を煮込みますが、関西では最初に牛肉を焼いてから砂糖などの調味料を追加します。

どちらの調理法でもとっても美味しいすき焼きは、今や世界中で有名な日本料理だといえるでしょう。

2問目はこの漢字!「初心」

「初心」の読み方をご存じでしょうか?

そのまま素直に「しょしん」と読んでも構いませんが、今回は「しょしん」以外の読み方でお答えください。

さて、何と読むのでしょう?

「初心」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇」の2文字です
  2. 世間ずれしていない、ういういしい人のことを言います
  3. 「初心な娘じゃあるまいし、それくらい知ってます」などと使います

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「初心」の読み方!正解は!?

正解は「うぶ」です!

少々古い言い回しなので、最近ではあまり耳にすることが無くなったかも知れません。

「初心(うぶ)」とは、ヒントで紹介したように「世間ずれせずういういしい人」「純粋で汚れを知らない人」といった意味の言葉です。

また、形容詞化して「うぶい」と表現することも。

「顔を真っ赤にして、まだまだうぶい子ですね」などと使います。

意味は同じく「世間ずれしていない人」のことです。

ちなみに「初」の一文字でも「うぶ」と読ませることができますよ。

最後はこの漢字!「獰悪」

「獰悪」の読み方をご存じでしょうか?

「檸」という字は「ねい」と読むことができますが「獰」はよく見るとケモノ編ですね。

滅多に見かけない漢字ですが、一体何と読むのか…

さて、あなたにはわかりますか?

「獰悪」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇〇」の4文字です
  2. 性質が凶悪、乱暴で荒々しいこと
  3. 「彼の獰悪な表情は、周囲の人々を戦慄させた」などと使います

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「獰悪」の読み方!正解は!?

正解は「どうあく」です!

「獰猛(どうもう)」という漢字ならたまに目にすることがあっても、「獰悪(どうあく)」は滅多に使うことのない言葉ですね。

ヒントを読んでも、わからなかった方も多いのではないでしょうか。

獰悪とは凶悪や乱暴といった意味ですが、ただ単に悪いという程度ではなく、並外れて凶悪なイメージです。

森鴎外の「高瀬舟」の一説に「人を殺し火を放ったというような、獰悪(どうあく)な人物」というくだりがあることからも、その狂暴性がうかがえます。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA