漢字読み講座

「恁う」誰もがよく使う言い回しです!「しう」?何と読みますか?

「恁う」を何と読みますか?

漢字で書くことは珍しいですが、日常的によく使う言葉です。

早速ヒントを見てみましょう!

「恁う」の読み方のヒントは?

1.「恁う」をひらがなにすると「〇う」2文字です!

2.『恁うなれば見えも外聞もありゃしない」』徳田秋声「あらくれ」より引用

3.旧仮名遣いの小説を読む人はピンと来るかもしれません…

正解は…

正解は「こう」でした!

こうする、ああする、の「恁う(こう)」です。「かう」でも正解ですよ!

旧仮名遣いの「恁う」のふりがなは「かう」ですが、実際の発音は時代と共に「こう」に変化しました。

ややこしいですね!

平安時代の「てふてふ」の発音が、江戸時代にかけて「ちょおちょお」に変化したようなものです。

「恁」の漢字について詳しく!

「恁」の音読みは「ジン」「イン」「ニン」、訓読みは「恁う(こう・かう)」です。また、「恁」の一文字を「このような」と読むケースもあります。

「恁」の漢字は最近あまり目にしませんが、昔の純文学にはよく用いられます。

『恁う(どう)した』『恁(かく)て』『恁(もた)れた』『恁(こん)な』『恁(かか)る』

当時は意訳や当て字に近かったのでしょうか?非常にさまざまな読み方をしたようです。

ABOUT ME
イシカワマキコ
イシカワマキコです。日本語の奥深さが好きです! よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA