漢字読み講座

「小火」「託ける」「戦ぐ」これら3つの漢字の読み方がわかりますか?

今回は「小火」「託ける」「戦ぐ」です。

見たことはあるのに、なかなか読めないこれらの漢字。

あなたは全部読めますか?

1問目はこの漢字から!「小火」

「小火」は何と読むかわかりますか?

「大火」は「たいか」と読むから、「小火」は「しょうか」?

確かに「しょうか」という読み方もありますが、ここではもう一つの読み方を当ててください。

さて、何と読むでしょうか?

「小火」の読み方のヒントはこちら

  1. 「大火」とは大きな火事のこと。では、小さな火事はなんと呼ぶ?
  2. 「近所のお店で〇〇騒ぎがあった」などと使います
  3. 読み方の文字数は「〇〇」の2文字!

ここまでヒントをいうと、ほとんどの方がわかったかも!?

「小火」の読み方!正解は!?

正解は「ぼや」です!

「小火(ぼや)」とは、火が大きくならないうちに消し止めた火事のことをいいます。

「小火(しょうか)」という読み方にも「ぼや」という意味がありますが、小さな火、わずかな火といった意味もあります。

同じ字を書いても、読み方によって多少意味が違ってくるようですね。

ちなみに「小火(ぼや)」という言葉は、火事、大火、消防車、火事見舞などという言葉と共に、冬の季語となっています。

これらの言葉が冬の季語とされたのは、明治以降になってから。

江戸期には大火事が頻発して多数の犠牲者が出たため、季語にはしにくかったと推測されています。

2問目はこの漢字!「託ける」

「託ける」

託児所(たくじじょ)・委託(いたく)などのように使われるこの漢字。
「託」は常用漢字でもあり、日常生活でもよく見かけます。

しかし、音読みの「たく」と読むイメージが強く、訓読みを知らない人も多いのではないでしょうか?
もちろん「たくける」ではありませんよ!

「託ける」読み方のヒントは?

ヒントは、「か」から始まるひらがな5文字。

直接関係ないことと無理やり結びつけて、都合のよい口実をつくる
他の物事のせいにする」という意味で使われます。

類語には
「隠れ蓑(かくれみの)」
「こじつける」などが挙げられます。

もうわかりましたね?

「託ける」の読み方、正解は…

正解は・・・

 

「かこつける」

です!

「今日だけは誕生日パーティに託けて、ダイエットはお休みしよう。」
「旧友が遊びにくるから、それに託けて今日はお酒を飲もう。」
などのように使います。

「託」という漢字の訓読みは託(かこつ)けるのほかに、

  • 託かる …ことづ(かる)
  • 託つ …かこ(つ)

と読むことができます。

送り仮名によって読み方が変わるので、この機会に覚えてみてくださいね。

最後はこの漢字!「戦ぐ」

漢字には、ときどき思いもしない読み方をするものがありますよね。

「戦ぐ」

もそのひとつ。

「戦艦大和」の「戦(セン)」や「戦う」など、日常的に使う漢字ですが、なかなか読めそうで読めません。

「戦ぐ」読み方のヒントは?

「戦ぐ」は、草や木の葉が風に吹かれ、揺れ動くさまを表すときに使います。

秋風に揺られてススキが戦ぐ

などなど……。

「戦」の字面から不穏な気配を連想してしまいますが、この読み方にはあまり怖い意味はありません。

おわかりでしょうか?

「戦ぐ」の読み方、正解は……

「戦ぐ」の正解は……

「そよぐ」です!

「風に揺られて草木が戦ぐ」は小説やお手紙、歌などでは定番の言い回しですよね。

「戦」には一般的な「たたかう」という意味のほかに「震える」の意味があります。
「草木が戦ぐ」と言う際には、後者の「震える」「振動する」が由来だと考えてよさそうですね!

ちなみに送り仮名を「く」に変えると、また別の読み方ができます。

「戦く」

読めますか?
こちらは「おののく」と読みます!
恐怖や不安で体がぶるぶると震えている様子を表します。

「そよぐ」と「おののく」

ぜひ覚えておいてくださいね!

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA