漢字読み講座

「鎬」「独楽」「靡く」これら3つの漢字の読み方がわかりますか?

今回は「鎬」「独楽」「靡く」です。

見たことはあるのに、なかなか読めないこれらの漢字。

あなたは全部読めますか?

1問目はこの漢字から!「鎬」

塙(はなわ、はにわ)の字にも似ていますが、違いますね。

金がついていることから、金属関係のものであることは想像できますが・・・

「鎬」という1文字、あなたは分かりますか?

 

「鎬」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「〇の〇」3文字の言葉です。

ヒント➁ 用法は、「〇〇〇を削る」です。

ヒント③ 刀剣マニアの方なら分かるはず!

 

「鎬」の読み方の正解は・・・・?

 

 

正解は、「しのぎ」です!

 

よく、「鎬を削る」と言いますが、これは「熾烈な争い」のような意味があります。

ところで、この「鎬」とは一体何でしょうか。

 

鎬とは、昔の武士がもっていた刀の一部分の名称です。

刀の刃を横からみたときに、真ん中あたりに見える直線部分のことで、皆さんが普段よく使う包丁にもうっすら見えるものもあります。

刀の切れる刃の側と、切れない背面の峰との間にある「鎬」。これが削れるほどの戦いというのが、「鎬を削る」という言葉の由来となっています。

2問目はこの漢字!「独楽」

1人でも楽しいと書いて「独楽」。

独身は楽しいというイメージの言葉ですが、意味も読み方も全く違います

独楽は1人でも楽しめる遊び道具の事です。

さて独楽と書いてなんと読むか分かりますか?

「独楽」読み方のヒントは?

お正月に使われる遊び道具のひとつです。

福笑いやかるた、双六(すごろく)など冬独特の遊びのひとつです。

「独楽」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇」です。

1人でも遊べるお正月の遊びですが、競い合うことがメインではないでしょうか?

長く回っている方が勝ちです。

さあもうわかりましたか?

「独楽」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「こま」

です!

 

今はベイブレードのように進化していますが、昔は紐を巻き付けて独楽を回していました。

確かに1人でも楽しめますけど、競い合うのも楽しいと思います。

 

また、独楽と書いて(どくらく)とも読みます。

こちらの意味は、自分だけで楽しむことという意味になっています。

お一人様が楽しいのは昔から同じなのですね!

最後はこの漢字!「靡く」

「靡く」って、見慣れない漢字ですよね。

「扉(とびら)」とよく似ていますが「とびらく」とは読みません。

「広」「店」などの部首の「まだれ」の中に、カタカナの「ホ」のような形が2つと

「非」の形で出来上がっている「靡」。

難しい文字ですが、読み方は絶対に聞いたことがあるはずです。

それではさっそく、見ていきましょう!

「靡く」の読み方のヒントは・・・?

  1. 読み方は〇〇く。ひらがな2文字です。
  2. 風でひらひらゆらめく」様子を表す言葉です。
  3. 異性に言い寄られて、何となくその気になってきた…」時にも使う言葉です。

さあ、分かりましたか?

「靡く」の読み方の正解は・・・

正解は、「なびく」でした!

「靡く(なびく)」と聞くと、まず「風や水の勢いにしたがって横にゆらめくように動く。」という意味を思い浮かべますよね。

それともう1つ、「異性に言い寄られて承知する。」という意味でも使われるんです。

「あんな素敵な男性に言い寄られて、靡かない女性はいない」なんて感じで使われます。

さらには、「他の意思や威力などに屈したり、引き寄せられたりして服従する。」という意味も。

「結局、多数派に靡いた」なんて、話題を集めたドラマ『半沢直樹』の世界みたいですよね。

こんな難しい漢字が読めたら、好きな異性が靡いてくれるかも!?

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA