漢字読み講座

【これは知らない人、結構いるかも?】「琢く」の読み方は?「たく」?正解は3文字の言葉!

「琢く」

何と読むかわかりますか?

「豕(いのこへん)」が使われている漢字のため、

ぱっと見「豚」や「啄」などほかの字を

思い浮かべてしまった人もいるかもしれません。

「琢く」の読み方のヒントはコレ!

  • ヒント1:玉などを研ぐこと
  • ヒント2:学問や技術などを向上させること

「琢く」は、上のような意味を持つ言葉です。

そろそろわかりましたか?

「琢く」の読み方!正解は…?

「琢く」の読み方、正解は……

「みがく」です!

  • ものの表面を研ぎ、なめらかにすること
  • こすって汚れを取ったり、つやを出したりすること
  • 念入りに手入れして美しく保つこと
  • 学問や芸を上達させること
  • 光彩を加えること

このような意味を持つ漢字です。

「磨く」や「研く」とは違う?

みがくと読む漢字には、「磨く」や「研く」もありますよね。

こちらのほうが身近ですし、「何が違うの?」と戸惑うかもしれません。

じつは、これらの漢字に厳密な違いはありません。

しかし、「琢く」はどちらかというと

「学問や技、人徳などを磨き上げる」という意味で使われます。

「切磋琢磨(せっさたくま)」「彫琢(ちょうたく)」などの

熟語にも使われていますよね。

仲間同士で励まし合ったり、

努力を重ねて学問や人徳をよりいっそう磨き上げたりするとき、

この「琢く」という言葉を使うといいでしょう。

ABOUT ME
tnskksg
tnskksg
国語好きが高じてwebライターになりました。奥ゆかしさを感じる言葉が好きです。わたしの紡いだものが、あなたの記憶のなかに残りますように。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA