漢字読み講座

【誰かの名前?】「心太」の読み方は?「ココロフト」とも読めますね・・

「心太」

心に太いという漢字から見ると、子どもの名前のように見えてきますよね。

しかしこの漢字は、食べ物なんです!

きっとあなたも食べた事があるはず。

さぁ、なんと読むのでしょうか。

 

「心太」読み方のヒントはこれ!

ヒント① 地域によって様々な食べ方があります。

ヒント➁ 「〇〇ろ〇ん」 5文字です。

ヒント③ 冷たくてツルツル食感がたまらない!

 

分かりましたか?

 

「心太」の読み方の正解は・・?

 

「ところてん」です!

 

食べ物のイメージとこの漢字、なんだか繋がりませんよね・・。

 

なぜ「心に太い」と書くのでしょうか。

それは原料である天草に大きく関係があります。

「心」 ⇒ 天草が煮凝る事を漢字で疑海藻(こるも)と表し、「疑」の語源が「心」である。

「太」 ⇒ 天草の茎が太い事。

2つの漢字が合わさって「心太」となったようです。

 

<地域によって変わる心太の食べ方>

・東北、関東 ⇒ 酢醤油、和がらし、薬味

・関西 ⇒ 黒蜜

・東海、中部地方 ⇒ 三杯酢

・四国 ⇒ だし汁

あなたの「心太」の食べ方は何がお好みですか?

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA