漢字読み講座

【うしすべり?ぎゅうかつ?】「牛滑」の読み方は何でしょう?

牛が滑る、と書くこの字。牛の何かの行動か、またはそれにちなんだ動作のことにも思えますが、これは地名です!

富山県の人なら読めるこの地名、さあ、何と読むのでしょうか?

 

「牛滑」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 訓読み+訓読みです。

ヒント➁ 「〇〇〇〇り」の5文字です。

 

「牛滑」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「うしなめり」です!

 

ここは、富山県富山市婦中町(とやまけん とやまし ふちゅうまち)にある地名です。

 

牛滑は、富山県のほぼ中央に位置していて、婦中町は「平成の大合併」により2005年(平成17年)4月1日に富山市・八尾町・大沢野町・大山町・山田村・細入村の富山地域7市町村と合併した地域です。

近年は富山市のベッドタウンとしても有名ですね!

【一口メモ】

現在は確認できていませんが、牛滑には「牛滑遺跡」という縄文時代の住居後の遺跡があったようです。昭和38年頃から調査が行われて2棟の竪穴住居跡を確認。平成10年頃には、富山市教育委員会が作った「牛滑遺跡」の看板もつけられていたようです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA