漢字読み講座

【読めますか?】「質す」ってなんて読む?「しちす」ではないです。

「質す」

「しちす?」「しつす?」どちらも違います。

「質」という漢字を他の読み方で使う機会はほとんどないので、なんと読むのか悩んでしまうのではないでしょうか?

「質す」読み方のヒントは?

ヒントは、この言葉は「わからないことや不明瞭なことを質問することで確かめる」場面で使います。

類語としては

「訊ねる」

「尋問する」などが挙げられます。

質す」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

 

「ただす」

です!

「質問の真意を問い質す」

「事実関係を問い質す」などのように使います。

よく間違いを見かけるのが「問い正す」というもの。

間違ったことを「正す(ただす)」のではなく、不明瞭なことを質問して明らかにするという意味で「質す(ただす)」の漢字を使うというわけです。

また過ちや罪を追及する場合の「問いただす」は「糾す(ただす)」を使います。

どれも日常生活で使う言葉なので、しっかり間違えずに使いわけたいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

ABOUT ME
村田幸音
村田幸音
犬と旅と美味しいものをこよなく愛するWEBライターです

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA