漢字読み講座

【これはさすがに読めますよね?】「霜雪」ってなんて読む?「しもゆき」ではなく……

気象を表す言葉は、読み方が特殊なものが多くあります。

「霜雪」

もその一つ。
「しもゆき」と読むと思いきや……、正しい読み方は違います。

「霜雪」読み方のヒントは?

「霜雪」とは、文字通りしもとゆきを表します。

響きも字面も綺麗な言葉なので、文学作品にも頻出の表現ですよ。

読み方のヒントは、「霜」も「雪」もどちらも訓読みすること!

雪は「せつ」と訓読みしますね。
では「霜」は……?

「霜雪」の読み方、正解は……

「霜雪」の正解は……

「そうせつ」です!

「霜」の訓読みは「そう」と言うんですね。

「霜雪」のほかには「降霜」や「晩霜」などの熟語もあります。

また「霜雪」は、
冬の寒さを表現するだけでなく、歳を取って白くなった頭髪やヒゲを比喩する際にも用いられます。

「頭に霜雪をおく」と書くと、なんだか「白髪まじりの」と書くよりもオシャレな表現になりますね!
もちろん、小説や詩のなかでは用いてもよいですが、間違っても人に面と向かって言わないようにしましょう。

霜が降りる頃になったら、ぜひ「霜雪」を思い出してみてくださいね。

ABOUT ME
猫村仁奈(ネコムラニナ)
ライターの猫村仁奈(ネコムラニナ)です。 読書や小説執筆、お絵描き、ゲームなどが大好き。 絶賛おうち時間堪能中のインドア派です。 よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA