漢字読み講座

【読めないと恥ずかしい】「眇める」ってなんて読む?「砂」に似ているから「すなめる」?違いますよ!

「眇める」

この漢字は、目へんが使われていることから、「目」にまつわる漢字だとわかります。
「砂」という漢字に似ているので「すなめる」や「さめる」と読みたくなりますが、正しくは違います。

今日は「眇める」を読めるようになりましょう!

「眇める」読み方のヒントは?

「眇める」には、片目を細める片目を瞑って狙いを定める、などの意味があります。

弓を引くときや、ダーツを投げるとき、太陽が眩しいときなどに「目を眇める」と表現します。

慣用句でも使われる「眇める」。
矯めつ眇めつ」という言葉を聞いて、ピンと来る人もいるのでは?

「眇める」の読み方、正解は……

「眇める」の正解は……

「すがめる」です!

先述の「矯めつ眇めつ(ためつすがめつ)」には、あちこち様々な方向からよく眺める様子という意味があります。

日常的には、美術館や博物館などで
国宝の日本刀の刃文を矯めつ眇めつ眺める
あの絵には、人に矯めつ眇めつ鑑賞させる魅力がある
などのように使います。

ぜひ覚えておいてくださいね!

ABOUT ME
アバター
猫村仁奈(ネコムラニナ)
ライターの猫村仁奈(ネコムラニナ)です。 読書や小説執筆、お絵描き、ゲームなどが大好き。 絶賛おうち時間堪能中のインドア派です。 よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA