漢字読み講座

「椿事」「渾身」「手練れ」これら3つの漢字の読み方がわかりますか?

今回は「椿事」「渾身」「手練れ」です。

見たことはあるのに、なかなか読めないこれらの漢字。

あなたは全部読めますか?

1問目はこの漢字から!「椿事」

「椿事」の読み方をご存じでしょうか?

「つばきごと」はもちろん間違いですよ。

椿も事も単体だと読めるのに、熟語になると難しいですね。

漢字検定1級レベルの難読漢字です。

さて、あなたには読むことができますか?

「椿事」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇」の3文字です。
  2. 意味は「思いがけない重大な出来事」
  3. 「それは我が校創立以来の椿事でした」のように使います。

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「椿事」の読み方!正解は!?

正解は「ちんじ」です!

椿と書いて「ちん」と読むとは意外ですよね。

意味は「珍事(ちんじ)」と同じく「珍しい出来事」ということですが、下のように多少意味合いがことなります。

  • 珍事:思いがけず起こった珍しい出来事
  • 椿事:思いがけず起こった珍しくて重大な出来事

ただし、珍事という言葉の方が意味が広いので、重大な出来事を「珍事」と表現するのも間違いではありません。

また、「珍」という文字には「面白い」「滑稽」といった意味が含まれています。そのため、「珍事」は「椿事」よりも面白い、ユニークといったイメージで使われることが多いようです。

2問目はこの漢字!「渾身」

「渾身」の読み方をご存じでしょうか?

「軍」の字にサンズイ編が付いた字ですが、「ぐんしん」ではありません。

ゲームでよく使われる言葉なので、ゲーム好きな方はすぐにわかったかも。

さて、あなたには読むことができますか?

「渾身」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇〇」の4文字です。
  2. 「体全体」という意味。
  3. 「渾身の一撃を放つ」「渾身の力を込めて立ち向かう」などと使います。

以上の3つのヒントから、考えてみてくださいね。

「渾身」の読み方!正解は!?

正解は「こんしん」です。

「渾」には「全て」「全体」という意味があるため、体を意味する「身」の字と合わせることで「体全体」や「全身」という意味になります。

最もよく使われるのは「渾身の力」のように、「全身から振り絞った力」という意味での使い方でしょう。

また、「渾身の努力」は最大限の努力を払ったという意味、「渾身の愛」は自分の全てを捧げた愛という意味になります。

最後はこの漢字!「手練れ」

「手練れ」の読み方をご存じでしょうか?

「練」という字は「練(ね)る」と読めますが「てねれ」と読むのは間違いですよ。

決して難しい漢字は使われていないに、読めそうで読めないこの言葉。

さて、あなたには読むことができますか?

「手練れ」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇れ」の3文字。
  2. 意味は、芸や武術などに熟練していることです。
  3. 「手練れの技が光る」などと使います。

以上の3つのヒントから、考えてみてくださいね。

「手練れ」の読み方!正解は!

正解は「てだれ」です!

日常では聞きなれない言葉ですが、ドラマや時代劇などで耳にしたことがあるのではないでしょうか。

芸や武術、スポーツなど様々な分野で熟練していることを「手練れ」いいます。

例文としては「彼には全く隙が見られない。相当な手練れに違いないだろう」などがあります。

類語には、猛者、剣豪、つわ者、達人などがありますが、それぞれに少しずつ意味が異なるので注意が必要です。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA