漢字読み講座

【もちろん、知ってますよね?】「然り」って何て読む?「ぜんり」ではなく、訓読みの読み方があるんです!

「然り」

「全然(ぜんぜん)」「天然(てんねん)」などのように使われるこの漢字。
「ぜん」と読む場合が多いですが、訓読みの読み方を知っていますか?

「然り」読み方のヒントは?

ヒントは、「そうである」や「そのとおりである」を表す漢字です。

類語には
「如何にも」
「おっしゃる通り」などが挙げられます。

「然り」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「しかり」

です!

「大抵の飼い主はペットのことを愛しているが、逆もまた然りである。」
「twitter然り、現代のSNSブームは止まらないのである。」
などのように使います。

「然り」は、副詞「しか」とラ変動詞「あり」の「しかあり」が音変化してできた言葉です。

日常生活では、「然(しか)るべき時に…」という言葉の方がよく聞くかもしれません。
「然るべき」は、適当な・ふさわしいという意味を持っているので、
「然るべき時に…」であれば、「ふさわしい時に…」という意味で使われます。

会話の中で「そうだよ~」と答えるところを、「然り」なんて答えられたらちょっとかっこいいですよね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA