無印良品

【外出先やアウトドアで使える石鹸】無印良品「フィルム石けん」、ダイソー「紙石けん」がおすすめの理由

外出先やアウトドアで石けんがなくて困った経験ありませんか?
また、お手洗いに設置されている石けんは衛生面が気になる…という方もいるのではないでしょうか。
そんな時にオススメのアイテムが『無印良品 フィルム石けん』です。

その名の通りフィルムタイプの少し珍しい石けんで、持ち運びにも便利なんですよ。
さっそくご紹介していきます。

無印良品 フィルム石けんとは?

無印良品 フィルム石けん

■無印良品 フィルム石けん 24枚入 590円(税込)

清潔感のあるケースに入って販売されています。

『無印良品 フィルム石けん』はシンプルで清潔感のある半透明のケースに入った状態で販売されているので、買ってすぐ持ち運ぶことができますよ。
リフィールの販売もあるので、繰り返しケースを使うことができるのも嬉しいポイント。
リフィールは同じ24枚入りで390円(税込)でお得に購入することができます。

24枚入りですが、余裕があるのでリフィールを足しておいてもよさそう◎

ケースを開けると、かなりまだ余裕があるので一緒にリフィールを購入しておいてもいいかもしれません。

カバーの取り外しも簡単に行えます。

カバーは持ち上げるだけで簡単に取り外すことができるので、補充も楽にすることができますよ。

無印良品 フィルム石けんの泡立ちは?

ツルツルした触り心地。

『フィルムタイプ』なので、なんとなく固いシートのようなものを想像していたのですが、実際に取り出してみるとツルツルでやわらかい質感。
まるでコピー用紙をやわらかくしたような感じです。

さっそく泡立ちを確認するために手を洗ってみることにしました。

フィルムタイプと思えない泡立ちに感動

水を少しかけただけで、みるみる溶けていきます。

使用方法は、『乾いた手でフィルムを取り出し水かぬるま湯でよく泡立てる』となっています。
今回は、より溶けにくそうな水で試してみました。

心配していたのも束の間、手の平にのせて少し水をかけただけで、瞬く間にフィルムが溶けていきます
写真を撮るのが追いつかないくらいです。

手でフィルムを握るようにすると、このように泡が立ちました!

少し手でフィルムを握るようにすると、このようにしっかりと泡立ちました。
香りはまさに『石けん』の香りで、優しい香り立ちに癒されます。

普通の石けんと変わらないくらい泡が立つのに加え、時間もかからないのが嬉しいですね。
目に見えてフィルムが溶けていく様子がおもしろいので、小さなお子さんでも楽しんで手洗いをしてくれると思います。
普段使いはもちろん、旅行に行く時やお子さんと公園に行く時、アウトドアに行く時などあらゆる場面で大活躍してくれそうです。

『ダイソー 紙石けん』もオススメ

もっと安く購入したい方は、『ダイソー 紙石けん』がオススメ。

『無印良品 フィルム石けん』は泡立ちもよく、便利なものに間違いはないのですが、『消耗品だしもっと安く抑えたい』という方ももちろんいらっしゃると思います。
そんな方にオススメなのが、『ダイソー 紙石けん 110円(税込)』です。
『無印良品 フィルム石けん』と違い、香りも選ぶことができますよ。
香りに合わせてケースの色も違うので、気分に合わせて選ぶのもオススメです。

また、『ダイソー 紙石けん』は20枚入って110円なので、かなりお手頃価格になっています。
その代わり、リフィールの用意はないので使い切りなので注意してくださいね。

持ち運び用の石けんを探している方は、ぜひ『ダイソー 紙石けん』も併せてチェックしてみてください。

無印良品 フィルム石けん、ダイソー 紙石けんのまとめ

持ち運びに便利な『自分専用の石けん』オススメです!

なかなか石鹸を持ち歩く習慣がある方はあまりいらっしゃらないと思います。

しかし昨今の衛生的な不安やアウトドアでの健康管理のひとつとして、自分専用の石けんを持ち歩いている方はこれから増えてくるのではないでしょうか?

短時間で溶けてしっかり泡立つ『無印良品 フィルム石けん』『ダイソー 紙石けん』オススメですよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA