睡眠

なかなか睡眠できないときは音楽を聴こう!睡眠と音楽の関係性や眠りを促してくれる音楽を3つ紹介!

「夜に音楽を聴くと眠りやすくなる?」

「睡眠と音楽に関連性はあるの?」

上記のようなことを考えたことがある方も多いのではないでしょうか。

この記事では、音楽と睡眠の関係性や眠りを促してくれる音楽を紹介しています。この記事を読むことで、眠りと音楽の関係性・眠りやすくなる音楽を把握できるようになるでしょう。

ぜひとも参考にしていただけたら幸いです。

音楽を聴くと眠りやすくなる

音楽を聴くと、眠れない日であっても眠りにつきやすくなります。なぜなら音楽を聴くことで”心地よさ”を感じることができ、”リラックス”した状態になれるからです。

もっと詳しく説明すると、人はリラックスしているとき「α波」といわれる脳波を出します。音楽が「α波」を発生させることにより、眠気を誘発させます。

眠りを促してくれる音楽3選

眠りを促してくれる音楽は下記の3つです。

  1. 歌詞がない曲
  2. オルゴール
  3. 自然の音

1つずつ見ていきましょう。

眠りを促してくれる音楽➀「歌詞がない曲」

寝る前に歌詞のある音楽を聴くと、歌詞に意識や感情が向いてしまい、逆に眠れなくなってしまいます。眠りに就くどころか逆に目が覚めてしまうのです。

就寝前は歌詞が入っていない音楽を聴きましょう。歌詞が入っていないだけで、大きなリラックス効果を得られるでしょう。

眠りを促してくれる音楽②「オルゴール」

オルゴールはリラックス効果はもちろんのこと、不安を軽減させる効果もあります。つまり、完全なリラックス状態になれるのです。

小児科など小さい子どもが多い場所では良くオルゴールが流れていませんか?理由としては子どもをリラックスさせ、不安を取り除くためでも使われているのでしょう。

眠りを促してくれる音楽③「自然の音」

自然の音も心地よさを感じ、そのまま心地よい睡眠へと誘ってくれる効果があります。自然の音は「1/fゆらぎ」という、人に快適感を与えるリズムになっています。

「1/fゆらぎ」とは、規則的×不規則が混ざった音のことです。規則的×不規則のあいだのゆらぎに、心地よさを感じてしまうのです。

眠ったあとも音楽を流し続けるのはおすすめしない

眠った後は音楽を流さない方が良いです。なぜなら、脳に刺激を与え続け、疲れが取れにくくなるからです。

「もうすぐ眠れそう」と感じたら音楽を止めるか、スリープ機能で自動的に止まる設定にしておきましょう。どちらの方法にせよ、眠った後は音楽を流し続けないことを心掛けておきましょう。

眠れない夜は音楽を聴こう!

この記事では、音楽と睡眠の関係性や眠りを促してくれる音楽を紹介しました。

誰にでも眠れない日はあると思います。そんなときは音楽を聴いてみてはいかがでしょうか?心地よい気持ちのまま入眠することで、翌朝を気持ちよく目覚められますよ。

この記事が少しでも参考になったなら幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました

ABOUT ME
saiko461
26歳男。経理職を5年間経験し退職。2021年からライター業を始め、現在はフリーライターとして活動中。主にクラウドワークスを利用し、プロクラウドワーカーの認定も受ける。仕事の相談お待ちしております!【得意ジャンル・財務関係(経理)、資産運用、恋愛系、ビジネス・経済、暮らし・生活、思想・文学】 【資格・日本漢字能力検定2級・日商簿記検定2級・電卓検定2段・エクセル技能検定3級・FP技能検定2級(ファイナンシャルプランニング技能士)・WEBライター検定3級(クラウドワークス様主催)】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA