ダイソー

【分量を測るのがめんどくさい方必見!】ダイソーのバターカッターを使って大さじ・小さじを簡単にカットしよう!

こんにちは。無地にスリコに100均マニアのナルクです。

日々の食事作りやお菓子作りなどに必要になるものといえばバターです。

いざ使っていこう!とレシピ本を開けるととバターの分量で目が留まります。

そう…測るのがとてもめんどくさいですよね…。

計量器で測ればいいのですが、汚れるし洗い物が増えるしで、この地味な時間ロスがプチストレスになる人もいると思います。

そこで今回は大さじも小さじも計量できちゃう商品をダイソーさんで発見してきました!

早速紹介していきます♪

大さじ1杯バターカッター

こちらは『大さじ1杯バターカッター』です。

こちらなんと家庭用品やキッチン用品の製造でお馴染みの株式会社小久保さんから出ているものなのです!

お値段は110円(税込)です。

皆大好き日本製なので安心ですね。

長い棒にL字型のものが付いている

袋から取り出すと、真っ白で、長めのスティック棒の先にL字型のものが付いています。

L字型の部分で大さじ・小さじを計量!

この部分が、バターを大さじと小さじで取り分けられるカッターになっています。

バター200g専用で大さじ1杯小さじが簡単に測れる!

バターは200gバター専用です。

大さじと1杯(約12g)と小さじ1杯(約4g)の計量が同時にできる優れものとなっています。

レシピ本によく書きれている「バター〇g」も、わざわざ測らずにカットするだけなので時短につながりますね。

トップバリューさんの個包装されたバター

我が家では、普段からトップバリューさんの8g×8個入りのものを使っています。

分量は少なくなりますが、実際に使ってみました!

L字型の曲がった先から目安ラインまでが小さじ分

小さじを測る際は、目安のラインが予め付いているので、そこに合わせます。

あとは、端を揃えて真っ直ぐ押すだけです。

スっと簡単に切れる!

するとスっとカッターが入り、キレイに切ることができます。

バターを少し常温にさらしてから使うとより切りやすくなりますよ。

L字型を横に倒して、端から端までが大さじ

一方大さじは、L字型を横に倒して、端から端までの全てを使って切ります。

個包装されているので小さく見えますが、本来は先程の画像にあるように長い直方体になりますよ。

キレイな断面

断面の画像です。

まるで包丁で切ったかのようなキレイさです。

バターカッターは多様性の高いAS樹脂で出来ているため、耐冷・耐熱温度に優れています

それぞれ−20℃・100℃までと幅広く対応しています。

傷や汚れにも強いので、変形の恐れは少なく長く使えそうです。

さらに食洗機にも対応しているため、洗いやすさもポイントの一つです。

分量が分かっているため、使いすぎの防止にもなる

私は焼き魚をする際に使用しています。

グラム数が分かるだけでなく、切り取るためだけでも使えるのでかなり重宝できそうです!

バターのグラム数にお困りの人や包丁で着るのがめんどくさい人などにとてもオススメしたい商品です!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA