ダイソー

【アウトドア飯のバリエーション広がる調理器具】ダイソーの「メスティン専用網」を使ってお料理してみた!

ダイソーで話題のアウトドア調理器具「メスティン」をご存知でしょうか。熱伝導率の高いアルミでできているため熱が内部に均一に伝わり、ふっくらとしたご飯を炊くことができることで、アウトドア好きな人に人気のクッカーアイテムです。

500円とダイソーの中では高額商品ですが、近年のキャンプブームも追い風となり、一時期は大変な人気で品薄状態が続きました。

「メスティン」とは、もともと「トランギア」というアウトドアブランドが販売したもの。その「トランギア」メスティンに「メッシュトレイ」という商品があり、蒸し器にすることで料理に幅が広がることで大変人気です。

ダイソーのメスティンにもこのメッシュトレイという「網」の販売が熱望されていましたが、待望の発売となり、店頭で見つけたので購入してみました。

今回は、ダイソーの「メスティン」と「網」を使って実際に調理してみたのでレビューします。

メスティンの説明も書かれています。

商品名は「メスティン専用網」で、ダイソーの100円商品です。

”別売りのメスティン(ハンドル付)にセットして蒸し器にできる”という説明書きとメスティンの写真が添えられていました。これなら、何に使うか明確ですね!

ダイソーの「メスティン」は500円

ちなみにダイソーで販売されている「メスティン」は、写真右側のシルバーのもの。箱に入って500円で販売されています。

黒い取っ手が可動し、持ち手やフタを固定する抑えにもなるんです。メスティン専用網を横に並べると、大きさはちょうど良さそうですね!

ぴったりおさまりました!

早速開封し、ダイソーメスティンの中へ網をセットしてみました。メスティンの底から1センチほど浮くように高さがついていて、蒸し料理もきちんとできそうです。

下も左右もガタつくことなく、納まりが良かったので、蒸し料理をするのが楽しみです。

チーズフォンデュに挑戦します!

今回は野菜やソーセージを蒸すと同時に、チーズを加熱してできる「チーズフォンデュ」にトライしてみることにしました。

お好みの具材でOK

●材料

冷蔵庫のあまりもの野菜、ウインナーソーセージ、カットされていないカマンベールチーズ

  1. 網を入れ、メスティンの底から1センチくらいの高さまで水を入れます。
  2. 一口大にカットした野菜とウインナー、表面を薄くカットしたカマンベールチーズを網の上にのせ、フタをし弱火にかけます。
  3. 沸騰している音が聞こえたら、フタをあけて野菜に火が通ったか様子を見ます。火が通りチーズが柔らかくなっていれば完成!火から下ろしましょう。
おいしそうに完成

野菜にしっかり火が通り、チーズも柔らかくなりました。

カマンベールチーズは、アルミホイルなどでくるんでから入れるといいですね!チーズが溶けて網の下に落ちてしまうので、必ず包みましょう。

キャンプ風に調理してみました。

キャンプで使うシングルバーナーで調理してみましたが、家庭のキッチンのコンロでも弱火で調理すれば大丈夫です。

チーズフォンデュのほかにも、肉まんや焼売を蒸したり、蒸しパンを作ったり、鶏胸を蒸してハムづくりをしたりと、用途やメニューは広がりそうですね。

ダイソーのメスティンと専用網を見つけたら、キャンプやBBQのお供にぜひ購入してみたください。

ABOUT ME
mami_s
mami_s
北海道で暮らす子ども二人を育てるライターです。趣味はアウトドア&カメラ。手に取るとわぁ!と声があがっちゃうようなわくわくするものを日々探しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA