睡眠

【若者でも危険?】知って損はなし!睡眠不足と認知機能の関係を詳しく解説します!

人によって身体にあった睡眠時間というのは異なり、睡眠時間が8時間以上毎日必要な人もいれば、4時間程度で活動できる人もいます。

しかし、活動ができるから短時間睡眠で今は良くても、着実に認知機能への悪影響が蓄積されていっています。

今回は睡眠不足と認知機能の関係について解説します

睡眠不足が起こす認知機能への悪影響

集中力集中力

睡眠不足だと集中力が低下しやすいです。

集中力が低下すると自分一人で生活が完結している方なら問題ないかもしれませんが、チームで仕事をしている方だと、ちょっとした記憶を思い出せず、ミスが続いてしまって仲間に迷惑をかけてしまうこともあります

失敗が続いて同僚や上司から怒られると精神的につらくなってしまいうつ病になってしまうこともあるので、いかに集中力を保って仕事に臨むかが大切かがわかります。

比較的短時間睡眠で平気な方でも、何日も睡眠不足が続いていると段々と何も考えられなくてぼーっとした時間を過ごしてしまう場面も必ず出てきます。

そのため、なるべく無理せず睡眠時間を確保するようにしましょう。

睡眠不足と認知症について

認知症認知症

睡眠不足があまりにひどいとやがて認知症になってしまいます

これは若い人でも例外ではありません。

「アミロイドβ」というタンパク質が脳内で発生していて、睡眠中に脳から血液に輩出され、運搬して最後は肝臓で分解されます。

睡眠不足だとこの働きが不足してしまい、アミロイドβが大脳皮質に付着して神経細胞を破壊し、それによってアルツハイマー認知症などを発症してしまいます

今は大丈夫でも近い将来認知症を発生してしまいやすいので、今から何かしらの対策を講じる必要があります。

睡眠不足が続くと若くても認知症になりやすい!

睡眠不足の対処方法

朝ごはん朝ごはん

身体の疲れを取る方法はいくつかありますが、認知症に関しては睡眠不足のままだと何も解決しません

睡眠不足で夜寝れずに日中寝てしまう状況を回避することが重要です。

そのための対策としては、毎日3食食べたり、昼食の眠くなりやすい時間帯に10分~20分程度仮眠を取るなどの方法があります。

特に朝ごはんは脳を活性化させるのに重要な役割を果たしているので、必ず朝ごはんは食べるようにしてください

まとめ

スッキリスッキリ

若いうちから認知機能が悪化してしまうと、身体が自由で色々なことに挑戦できるにもかかわらず、頭がうまく働かなくてできることが制限されてしまうのは悲しいことです。

できるだけ毎日しっかりと睡眠をとって、限られた時間の中で活発的に活動していってください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA