睡眠

寝る前に入浴すると睡眠が改善するって本当? 正しい入浴方法と、睡眠の質を上げるおすすめの入浴剤「ホットタブ」とは

寝る前に湯船につかると、ゆっくり眠ることができる。
そんな話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

今回は、入浴と睡眠の関係や、1日の体の疲れを癒やすバスタイムを充実させてくれる入浴剤を紹介します。

お風呂にゆっくり浸かると、よく眠れるようになるのはなぜか

一日の疲れを癒す時間

眠たくなるためには、体の中の温度である「深部体温」が、ぐっと下がっている必要があります。

ではどうすれば、「深部体温」が下がるのでしょう。
実は、40度のお風呂に15分入ることで、深部体温が0.5度上昇し、90分かけて元に戻ると言われています。

いったん体が温まると、その後「深部体温」を下げようとする作用が働くため、自然と眠たくなるのです。
そのため、就寝時間の90分前に入浴すると、寝つきがよくなります。

イチオシの重炭酸入浴剤「ホットタブ」を使用するメリットや使い心地

パッケージデザイン

重炭酸温浴法を自宅のお風呂で手軽に再現できる

入浴剤を使用すると、

・色や香りで脳や体がリラックスできる
・熱が逃げるのを防ぎ、保温効果がある

このようなメリットがあると言われています。

今回ご紹介するイチオシのタブレット入浴剤は、重炭酸温浴法が自宅で楽しめる、重炭酸入浴剤ホットタブ「HOT TAB WELLNESS」

重炭酸温浴法とは、重炭酸の溶けた41℃以下のぬるめのお湯に、ゆったり15分以上つかる入浴法です。

お湯の温度が41℃を超えると、交感神経が活性化します。
交感神経が優位なままの体は、活動モードの状態のため、眠りにつくことができません。

快適な睡眠のためには、リラックスして副交感神経を優位にする必要があるのです。

重炭酸温浴法は、ぬるま湯なので、体に負担がかかりにくく、筋肉の緊張がほぐれます。
じっくり体の芯まで温まることで、発汗が促進され、血流の流れもよくなるのです。

実際に重炭酸入浴剤「ホットタブ」を使用してみた感想

まず感じたのは、湯冷めしにくいということ。
私は足先から冷たくなっていくのですが、ホットタブで入浴すると時間がたっても寒くなく、体がぽかぽか温かいのです。

無香料・無着色なので、肌にも安心。
お湯は、まろやかで優しい浸かり心地という表現がしっくりきますね。

髪や肌がしっとりとして、少しもちもちするのも嬉しいです。

デメリットは、1錠が約100円という価格でしょう。
1回の入浴につき3錠使用することを考えると、そこそこのお値段だと躊躇する方もいらっしゃるかもしれません。

とはいえホットタブは、重炭酸がお湯に溶けてから、なんと24時間も濃度が持続します。

そのため、帰宅が遅い家族も、追い炊きで同じように重炭酸温浴が楽しめますし、翌朝に入浴したとしても前日と同じ入浴効果が得られるのです。

一般的な発泡タイプの入浴剤は、濃度の持続時間が2~3時間程度と短いものも多いため、何度も同じ効果効能で使えるのは大きな特徴と言えるのではないでしょうか。

コロナ禍で気軽に温泉に行くこともできないですが、自宅で手軽に楽しめる入浴剤で、しっかりと体を温めて、ぐっすり眠りましょう。

ABOUT ME
西垣かおり
WEBライター/インタビューライター。要点をまとめたり、伝えたいことを正確に伝えるためのライティングを得意とする。 過去には執筆した記事が、Yahoo! ニュースに転載された実績あり。いい香りのするハーブオイルで、寝る前に足をマッサージをするのがマイブーム。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA