漢字読み講座

【そのまま読むと「はらす」ですが、これって何と読む??】「原す」、あなたは読めますか?

原っぱの「原」に送り仮名の「す」。

 

というか、「原」って訓読みできるの??というのが本音だと思います。

 

漢字はすごく簡単なのに、送り仮名がついた途端、読めなくなるこの現象はまさに難読漢字の真骨頂でしょう!

 

さらに、漢字自体が簡単なのも何だか悔しい・・・。

 

これは超難問でもあるので、素直にヒントを見た方がいいかも!?

 

「原す」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「〇〇す」の3文字です。

ヒント② 罪をとがめないことを何と言う?

ヒント③ 最初の文字は「ゆ」です。

 

「原す」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「ゆるす」です!

 

「原す」とは、「許す」という字と同じで「罪をとがめないこと」です。

 

もともと、「原」という漢字には「広く平らな土地」という意味の他に、「源」や「根本」といった意味もあり、根本に立ち返るということから転じて「元に戻る」、「根本を見定める」となったようです。

 

確かに、大草原のような広い「原っぱ」は、大地の「根本」のような感じがしますし、全ての罪を許してしまいそうな、そんな荘厳さも持ち合わせていますもんね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA