漢字読み講座

「拙い」ってなんて読む? 大人になれば使いこなしたい言葉です!

「拙い」と書いて、なんと読むか分かりますか?

能力が劣っていることや、うまくできない、ふつつかという意味です。

まだまだ拙いですが、よろしくお願いします。

なんてサッという事ができれば、相手からの印象はいいようにガラッと変わるでしょう。

何事も、当たり前という態度より、謙遜な態度で居れば物事は上手く運びますよ!

さて、「拙い」と書いてなんと読むでしょうか?

「拙い」読み方のヒントは?

拙いという言葉は、人に自慢できるような状態ではないを指します。

一生懸命努力はしているけれど、自信がない場合など

「下手ですが」と言い切ってしまうより、

拙いですが」と前置きした方が不快感なくスマートに聴こえます。

そして、拙いながらも努力が見える、光るものがあるなどと好意的にも取ってもらえますよ。

「拙い」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇い」です!

反対語は、「巧み」です。

さあ、もうわかりましたか?

「拙い」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「つたない」

です!

 

(まずい)とも読みますが、(つたない)が主に使われています。

コミュニケーションを円滑にしたい場合、ぜひ使って行きたい言葉です!

 

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA