漢字読み講座

「粗相」ってなんて読む? あやまちを犯すことです!

「粗相」と書いて、なんと読むか分かりますか?

粗品の「粗」に、相性の「相」です。

しかし、(そしょう)ではありません。

さて、「粗相」と書いてなんと読むでしょうか?

「粗相」読み方のヒントは?

不注意な事、あやまち、粗末、軽率という意味があります。

子どもがおねしょをしたことを「粗相をした」と言います。

他にも「境内(けいだい)で粗相をすると罰が当たる!」なんて使い方も。

また、そそっかしい、軽率な行動なども「粗相」と言います。

幅広く使える言葉でもありますね。

「粗相」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇」です。

さあ、もうわかりましたか?

「粗相」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「そそう」

です!

 

子どもがうっかりジュースをこぼした時にも、

「子供が粗相をしてしまい失礼しました!」とサッと謝ることができれば、

こぼされた方も「いえいえ!」となります。

気持ちよく謝れる人はどこに行っても、皆に好かれます。

ぜひ、使ってみましょう。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA