漢字読み講座

「著す」の読み方がわかりますか?「ちょす」と読むのは間違い!

「著す」の読み方をご存知でしょうか?

「ちょす」と読んでしまったあなた、気持ちはわかりますが、間違いです。

「著作(ちょさく)」や「著述(ちょじゅつ)」といった読み方をする場合が多いため「ちょす」と間違えている方が多いようですね。

では、正しい読み方は?

「著す」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇す」の4文字です
  2. 意味は「書物を書いて出版する」「著作する」
  3. 彼は何冊かの医学書を著した

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「著す」の読み方!正解は!?

正解は「あらわす」です!

「著わす」と書く場合もあります。

「著」という字は「書く」や「物事を明らかにする」という意味を持つため、書くことで何かを明らかにすることを「著(あらわ)す」と言うのですね。

「あらわす」と読む言葉には、「著す」以外に以下のような言葉があります。

  • 表す:感情などを表に出して見せる、表現する
  • 現す:物事の実態など、隠れて見えなかったものが見えるようになる
  • 顕す:功績や善行などを、世に広く知らせる

それぞれに意味が異なるため、注意しましょう。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA