漢字読み講座

「鄙びる」の読み方がわかりますか?「かいびる」じゃありませんよ

「鄙びる」の読み方をご存じでしょうか?

滅多に使わない漢字なので、初めて見たという方も多いかも知れません。

しかし、ひらがなで書くとよく耳にする言葉なので「ああ、こう書くのか!」と思いますよ。

さて、あなたには読むことができますか?

「鄙びる」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇びる」の4文字です
  2. 「田舎の」「見下げる」「いやしい」などの意味があります
  3. 「都会を離れて鄙びた宿に泊まった」のように使います

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「鄙びる」の読み方!正解は!?

正解は「ひなびる」です!

「鄙」という漢字は本当に珍しい形をしていますが、読み方を聞くと意外に一般的な言葉ですね。

ヒントで紹介したように「鄙びる」という言葉には本来「見下げる」「いやしい」のような意味があります。

しかし最近では「いやしい」というより「趣がある」「風情がある」という意味で使われる場合が多くなっていますね。

都会よりも田舎に憧れる人が増えたからでしょうか。

時代によって、言葉の持つイメージが少しずつ変わってきているようです。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA