漢字読み講座

「帆走」の読み方は?「ほそう」と読むのは間違いですよ

今回の問題は「帆走」です。

「帆掛け船(ほかけぶね)」の「帆(ほ)」ですが、「ほそう」と読むのは間違いです。

では何と読めばよいのか、あなたにはわかりますか?

「帆走」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇〇」の4文字です
  2. 意味は、船が帆を張って風の力で航行すること
  3. 「広大な太平洋を船が帆走していく」のように使います

以上の3つのヒントから、考えてみてくださいね。

「帆走」の読み方!正解は!?

正解は「はんそう」です!

「帆」の字には、訓読みで「ほ」と読む場合と、音読みで「はん」と読む場合があり、主な使い方は以下の通りです。

  • 「ほ」と読む言葉:「帆立て貝(ほたてがい)」「帆綱(ほづな)」「白帆(しらほ)」など
  • 「はん」と読む言葉:「帆布(はんぷ)」「帰帆(きはん)」「帆船(はんせん)」など

「帆走(はんそう)」には、船が海上を進むという意味の他に、動力を使わずに風や大気による浮力を利用して、飛行機などが飛行することを指していう場合もあります。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA