漢字読み講座

「仄仄」ってなんて読む? 灰(はい)に似ていますが違います!

「仄仄」と書いてなんて読むかわかりますか?

 

「灰」という漢字に似ているので、(はいはい)ではありません。

 

さて、一体何と読むのでしょうか?

 

「仄仄」の読み方のヒントは?

 

ほんのり心が温まるようなときに使う言葉です。

 

5歳の子供が、3歳の子供と手をつないで歩いている光景を見たときや、

 

一家だんらんを見たときなどに、

 

「仄仄とした光景だな~」

 

とか、

 

「仄仄した雰囲気だね」

 

と言ったりします。

 

また、可愛い動物と触れ合ったりすると、

 

「仄仄とした気持ちになる。」

 

というふうに表現します。

 

英語にすると、

 

「Heart warming」

 

ですね!

 

さあ、何と読むかわかったのではないでしょうか。

 

「仄仄」の読み方、正解は……

正解は……

 

「ほのぼの」

 

です!

 

空がほんのり明るくなるときにも使います。

 

「空が仄仄(ほのぼの)としてくる」という表現をします。

 

また、「仄」を使った漢字には、

 

それとなく言葉や態度で表そうとしている様子を表した

 

「仄めかす」(ほのめかす)

 

などがあります。

 

仄仄した雰囲気を持っている人は。周りを和ませてくれる存在です。

 

心を癒してくれる穏やかな人が多いのではないでしょうか。

 

そういう人とお話すると、心がぽかぽかしますね!

 

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました!

 

ABOUT ME
yama-sa
佐賀県在住の佐賀をこよなく愛するライターです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA