漢字読み講座

「仏座」ってなんて読む? 仏座(ぶつざ)とも読みますが…

「仏座」は植物の名前です。

 

「仏座」(ぶつざ)と読んで、「仏像彫刻を安置させるための台座」という意味もあります。

 

しかし、今回は、(ぶつざ)以外の読み方を考えてみてください。

 

「仏座」の読み方のヒントは?

 

葉っぱの形が仏様の台座に似ていることから名づけられました。

 

子供のころに蜜を飲んだこともある人もいるのではないでしょうか。

ちなみに、春の七草のひとつだと思っている人もいるかもしれませんが、実は、春の七草は「コオニタビラコ」というキク科の別の植物です。

 

さあ、何と読むかわかったのではないでしょうか。

「仏座」の読み方、正解は……

正解は……

 

「ホトケノザ」

でした!

 

そのまま、素直に読むと正解できた方も多いのではないでしょうか。

 

仏座は春が開花時期ではありますが、日当たりのよい場所だと通年花を咲かせることができます。

 

また、どんな場所にも花を咲かせることができる雑草です。

 

「雑草魂」ともいう言葉もありますが、雑草のようにたくましく、しなやかに生きていくことを目指してみるのもいいのではないでしょうか。

 

コンクリートからでも花を咲かせることができる強さを持ちたいものです。

 

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました!

 

ABOUT ME
yama-sa
佐賀県在住の佐賀をこよなく愛するライターです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA