漢字読み講座

【今日の難読漢字】「早暁」「気質」「芍薬」「星霜」「冬瓜」あなたは読めますか?

今日の難読漢字は

「早暁」

「気質」

「芍薬」

「星霜」

「冬瓜」

の5つです。

さて、なんと読むか分かりますか?

1つ目の漢字は「早暁」

1文字目は小学生でも分かる簡単な漢字ですが、問題は2文字目ですね・・・。

 

単体の「暁」だけだと「あかつき」と読み、「夜明け」とか「太陽が登る前の幻想的な空」を表す漢字になります。

 

ということは、「暁」よりも「早い」時間帯を意味しているはずだから・・・

 

それって、ただの「夜中」ですよね・・・。

 

さあ、夜明けよりも「早い」時間帯はいったい何と読む??

 

「早暁」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「〇〇〇〇〇」の5文字です。

ヒント➁ 同じ意味で「払暁」という言葉もあります。

ヒント③ 「会社を設立する」を言い換えると??

 

「早暁」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「そうぎょう」です!

 

「早暁」とは、さきほど述べたとおり「夜明けよりも早い時間帯」を表す言葉であり、「夜中」というよりも「夜明けのほんのちょっと前」が正しいニュアンスになります。

 

日の出なんて、お正月の初日の出くらいしか見たことがない人も多いと思いますが、お正月でなくてもあの光景は感動しますよね!

 

真っ暗な夜の闇に、水平線の彼方がほんのりオレンジ色になりはじめる景色はまさに幻想的です。

 

今日も明日も、そしてこれからも、輝かしい朝が必ず来ます。

何かに悩んでいる人やつまずいている人は朝日を「早暁」の時間帯に見に出掛けてみませんか?

 

きっと心が晴々しますよ!

2つ目の漢字は「気質」

そのまま読めば、「きしつ」です。

 

「気質(きしつ)」とは、「物事を構成する性質」などを表す言葉ですね。

 

でも、今回はあえて「きしつ」ではない読み方に挑戦してみましょう!

 

同じ漢字なのに、読み方がまったく違うものっていくつかありますが、今回の漢字もまさにそれ!

 

「きしつ」に捕らわれすぎると、正解は見えてこないのでご注意を!

 

「気質」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「〇〇〇」の3文字です。

ヒント➁ 特有の性格や気風のことを意味します。

ヒント③ 漢字は違いますが、任侠映画のセリフではお馴染みです。

 

「気質」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「かたぎ」です!

 

「気質」とは、身分や職業などを同じくする人たちの性格や気風のことを言います。

 

よく使われる言葉としては、「職人気質」でしょうか。

「職人気質」と聞いただけで、なんだか頑固で難しそうな性格だけど、気前が良く、思い切りがいい人が思い浮かんでしまいますよね。

 

このような「性格」を表す意味以外にも、「習わし」や「習慣」などの意味もあります。

 

「きしつ」と読むか、「かたぎ」と読むかで若干意味が変わる漢字って、おもしろいですね!

3つ目の漢字は「芍薬」

いきなりつまずいてしまいますが、1文字目の「芍」は漢字検定1級の難問です・・・。

 

むしろ、この漢字を使った言葉は「芍薬」以外には思いつかないくらい、この言葉のためにあるような漢字です。

 

2文字目が「薬」ですので、「〇〇やく」と読む、何かの薬だと予想できますが、どうでしょうか?

 

ここは素直にヒントを見ながら考えていきましょう!

 

「芍薬」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「〇〇〇やく」の5文字です。

ヒント➁ これは「薬」ではありません。

ヒント③ 「クログワイ」の別称です。

 

「芍薬」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「しゃくやく」です!

 

「芍薬」とは、知っている人と知らない人が二分してしまうような言葉だと思いますが、花の名前です!

 

初夏になると、大きな「ボタン」のような白やピンクの花を咲かせ、幾重にも花びらがあるのでとても綺麗です。

 

また、「薬」の字が使われていることから想像できますが、「芍薬」は昔から「鎮痛剤」や「止血剤」などの用途があり、鑑賞用だけでなく人々の生活を支えてきた花です。

 

「綺麗な花にはトゲがある」という言葉がありますが、「芍薬」は綺麗で薬にもなる、完璧な花なんですね!

4つ目の漢字は「星霜」

「星の霜(しも)」と書いて、「星霜」。

 

字だけ見ていても、綺麗というイメージしか思い浮かびませんね!

 

雪が降った時、手のひらにのった雪をよーく見てみると、星型をしている結晶もあったりして、子どもながらに感動した覚えがあります。

 

おもちゃの顕微鏡などで覗いてみれば、もっと鮮明に見る事ができますが、雪や「霜」と「星」は何か関係がありそうですね!

 

今回は、とっても素敵な言葉!

ぜひこの機会に覚えて使いこなしてくださいね。

 

「星霜」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「〇〇〇う」の4文字です。

ヒント➁ 2文字目の読み方は、「霜害」と同じです。

ヒント③ 「掃除」を別の言い方にすると?

 

「星霜」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「せいそう」です!

 

「星霜」とは、「1年」や「過行く年月」なんかを表したりする言葉です。

 

成り立ちとしては、「星」が1年間で天を1周することと、「霜」は冬になると必ず訪れる現象であることから、その2つの漢字をもって「1年」と表現したそうです。

 

難読漢字も、当て字や意味から付けたものがありますが、今回のものはまさに意味から漢字が作られたもの。

 

読み方も意味もとても文学的で素敵なので、メールを送るときはもちろんですが、心のこもった手紙で使うと効果絶大ですよ!

5つ目の漢字は「冬瓜」

今回の漢字はサービス問題です!

 

逆に言うと、読めないとちょっと恥ずかしいかも・・・。

知らない人は、ぜひこの機会に読めるようになりましょう!

 

普段から、スーパーや八百屋で買い物をしている人なら、必ず見たことがある漢字ですので、自信をもって回答してくださいね!

 

ちなみに「冬瓜」を読めるだけでなく、その姿かたち、いつ買う(獲れる)ものなのかも考えてみてください。

 

「冬瓜」の読み方のヒントはコレ!

 ヒント① 「〇〇〇〇」の4文字です。

ヒント➁ 見た目は大きいキュウリ?ヘチマ?

ヒント③ 「沖縄冬瓜」が有名です。

 

「冬瓜」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「とうがん」です!

 

「冬瓜」は、「冬の瓜(うり)」と書くことからも、秋から冬に出回る野菜の一つです。

 

スーパーや八百屋で商品として並ぶのは冬の時期になりますが、「冬瓜」の旬の時期は何と夏なんです!

 

意外にも、冬の食べ物と認識している人も多いですが、夏に旬を迎える野菜なのに、つるを切らない「玉のままであれば冬まで保存が可能」ということから「冬瓜」と呼ばれるようになったそうです。

 

いろいろな料理に使われますが、「冬瓜」の約95%は水分という、ほとんど栄養もない野菜にありますが、その変わりにカロリーはめちゃくちゃ低いんです!

 

これはダイエッターにとっては外せない、あらたな救世主の到来ですね!

まとめ

今日の難読漢字5つ、あなたはいくつ読めましたか?

ぜひまた漢字クイズに挑戦してみてくださいね☆

最後までお読みいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA