漢字読み講座

【今日の難読漢字】「絶だ」「賞でる」「容れる」「害なう」「預め」あなたは読めますか?

今日の難読漢字は

「絶だ」

「賞でる」

「容れる」

「害なう」

「預め」

の5つです。

さて、なんと読むか分かりますか?

1つ目の漢字は「絶だ」

難読漢字クイズです。

「絶だ」という漢字、読むことができますか?

「絶対」「絶滅」などで使われることが多い「絶」という漢字ですが、今回の読みはひと味違います。

ヒントもお出しするので、ぜひ考えてみてください!

「絶だ」の読み方のヒントは?

この漢字が示すのは「とても」「非常に」という意味です。

「そんな噂を流されるなんて、絶だ迷惑だ」のように使います。

ただ、実はこの漢字で表記されることは珍しく、だいたいは「甚だ」という漢字を使います。

分かりましたか?

正解は…

正解は…

はなはだ

でした!

もう一つの漢字どころかひらがなで使われることが多いので、とっても影が薄い「絶だ」という表記。

正直日常のシーンで使うことはほとんどないですが、昔の小説などを読んでいるとこういった表現が散見されます。

是非この機会に、人生を豊かにするひとつの知識として覚えておいても良いのではないでしょうか!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

2つ目の漢字は「賞でる」

今回の漢字クイズはこちら。

「賞でる」という漢字、読むことができますか?

「賞品」「一等賞」などの「しょう」という読みが定着している私たちが真っ先に思いつくのは「しょうでる」という読みですが、これは漢字クイズ。

それで正解できるほど甘くはありません。

ぜひ頭をフル回転させて考えてみてください!

「賞でる」の読み方のヒントは?

「賞でる」という言葉はあまり日常生活で目にすることはありませんが、「観賞」や「鑑賞」という言葉は一般的に使われます。

実はこれらの単語が「賞でる」の読み方を紐解く手がかりとなります。

「鑑賞」や「観賞」は、対象こそ違えど、どちらも美しいものを深く味わうという意味を持ちます。

言い換えれば対象を「愛でる」ことなのです。

今のが大ヒントです。

もうわかってしまいましたか?

正解は…

正解は…

めでる

でした!

一般的には「愛でる」という漢字の方が良く使われるため、「賞でる」という言葉があること自体がほとんど認知されていないように思います。

ただ、知っておくと教養が深まるかもしれませんね。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

3つ目の漢字は「容れる」

難読漢字クイズのお時間です。

「容れる」という漢字、読むことができますか?

「ようれる」と読みたくなる気持ちはぐっと我慢していただき、じっくり考えてみませんか?

ヒントもお出しするので、頑張ってみましょう。

「容れる」の読み方のヒントは?

「容器」には水や小物を入れ、「受容」では見たものや考え方を受け入れます。

どちらの言葉にも共通する「容」という文字。

この漢字の意味を理解することが、最大のヒントとなります。

それでは正解の発表です。

正解は…

正解は…

いれる

でした!

「相容れる(あいいれる):互いに認め合うこと」という言葉では、「いれる」は「容れる」の方で書きます。

実はこれ意外にも案外この漢字で「いれる」が表現されていることは多いので、少し気を配ってみると良いかもしれません。

この読みを見ていると、人間は器のようなものかもしれないと思うことがあります。

素敵な考えを受け容れ、自分の心を満たしていきたいものですね。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

4つ目の漢字は「害なう」

難読漢字クイズのお時間です。

「害なう」という漢字、読むことができますか?

一見すると全くなじみのない送り仮名の組み合わせかもしれませんが、皆さん一度は聞いたことのある言葉のはずです。

ヒントもお出しするので、ぜひ考えてみてください!

「害なう」の読み方のヒントは?

「害」という漢字にはどのようなイメージがありますか?

邪魔される、失う、おびやかされるというマイナスな印象を持つ方が多いでしょう。

まさにこの「害なう」もそうした言葉の一つです。

特にものを傷つけたり、だめにしてしまったりする際にこの言葉を使います。

全く同じ読みで、「損なう」とも書きます。

もうわかってしまいましたでしょうか?

正解は…

正解は…

そこなう

でした!

「損なう」という漢字を使うことの方が多いので、この読みを意外に思った方も多いのではないでしょうか。

ただ、「損」も「害」も同じような意味を表す漢字です。

実際「損害」という言葉もありますしね。

是非セットでこの読みも覚えておいてくださいね。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

5つ目の漢字は「預め」

漢字クイズを出題させていただきます。

突然ですが、あなたは「預め」という漢字、読むことができますか?

「預金」の「預」という漢字が使われていますが、「よめ」と読んでしまってはいけません。

読めた方はかなりの漢字マスターかも。

読めなかった方はこの機会に新しい読みを知っていきませんか?

「預め」の読み方のヒントは?

そもそも「預」という漢字には「前もって」という意味があります。

そして同じような意味を表す漢字に「予定」の「予」というものがあります。

「預」と「予」、漢字の一部も同じですね。

そして大ヒントです。

「預め」は「予め」とも書きます。

お分かりになったでしょうか?

正解は…

正解は…

あらかじめ

でした!

「予」だけでなく「預」で表すこともあること、覚えていただけましたでしょうか?

漢字をすらすら読むためには「預め」勉強しておかなければなりません。

ひとつひとつ、楽しみながら着実に学んでいきましょう。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

まとめ

今日の難読漢字5つ、あなたはいくつ読めましたか?

ぜひまた漢字クイズに挑戦してみてくださいね☆

最後までお読みいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA