漢字読み講座

「怖じる」の読み方は?「こわじる」と読むと恥ずかしいですよ

「怖じる」の読み方をご存じでしょうか?

「怖い」は「こわい」と読みますが、そのまま「こわじる」と読んでしまうと、かなり恥ずかしいですよ…

とはいえ「怖じる」という表記は確かに珍しいですね。

さて、あなたには読むことができますか?

「怖じる」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇じる」の3文字です
  2. 意味は「驚いておびえる」「びくびくする」など
  3. 蛇に噛まれて朽ち縄に怖じる

以上の3つのヒントから、考えてみてくださいね。

「怖じる」の読み方!正解は!?

正解は「おじる」です。

意味はヒントで紹介したように、驚いたておびえたり、怖がってびくびくすることですが、一般に使う「怖い」と比較すると、反射的な意味で使う場合が多いようです。

「蛇に噛まれて朽ち縄に怖じる」とは、蛇に噛まれたせいで、朽ちた縄を見ただけで大きく驚くといった意味のことわざ。

確かに、反射的に怖がる様子を表していますね。

「怖」を「お」と読む言葉には他に「怖じ気(おじけ)づく」「怖じ怖じ(おじおじ)する」「物怖(ものお)じ」などがあります。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA