漢字読み講座

【今日の難読漢字】「瑞西」「芬蘭」「麻疹」3つ読めたら漢字マスター!(ましん)以外の読み方があります!

今日の難読漢字は
「瑞西」

「芬蘭」

「麻疹」

の3つです。早速いってみましょう!

まず最初は「瑞西」

海外の地名です!地名というか、国の名前です!
海外の地名ということで、いわゆる当て字であるため、漢字の意味というよりも、漢字自体が持つ読み方のほうがヒントになるかもしれません。
「瑞」は「ずい」とも読みますね……!?
2文字目の「西」はさしすせそ系の読み方をします。

「瑞西」の読み方、正解は・・・

正解は・・・
「スイス」
です!

ヨーロッパの永世中立国として有名ですね。場所はヨーロッパの中央にあり、山に囲まれた風光明媚な土地でもあり、観光地としても大変人気のある国ですね。

 

次の難読漢字は「芬蘭」

こちらも同じく、国の名前です!
海外の地名ということで、いわゆる当て字であるため、漢字の意味というよりも、漢字自体が持つ読み方のほうがヒントになるかもしれません。

パッと見の読み方が、実がだいぶ近いかもしれません!ここはもう勢いでそれっぽい国を言ってみると意外とそのとおりかも…?

「芬蘭」の読み方、正解は・・・

正解は・・・
「フィンランド」
です!

スカンジナビア半島の根本のほう、いわゆる「北欧」の国の1つですね。高福祉の穏やかな国というイメージで、映画「かもめ食堂」の舞台ともなりました。

最後は「麻疹」

(ましん)以外にも読み方があります。こちらは慣用句にもなっていたりと、より耳馴染みのある言葉になっています。

慣用句では「〇〇のようなもの」という風に使われ、若気の至りだとか通過儀礼のような意味になります。

それはこの病気が「多くの人が若いうちにかかる」「一度かかると免疫ができてかかりづらくなる」といった特徴があると言われていることから来ているようです。

「麻疹」の読み方、正解は・・・

正解は・・・
「はしか」
です!

ヒントにもかいた麻疹の特徴ですが、実態はウイルスによる感染症で、感染力が強く、症状も多く見られ、他の病気との合併症や1000人に1人が死に至ると言われている、身近でありながらイメージ以上に危険な病気なのです。

特効薬もないため、ワクチン接種による予防が効果的とのことです。必要以上に怖がる必要はないかもしれませんが、今一度正しい知識をもって対策しておくことは、大切な人を守るためにも有効ですので、ぜひこの機会に調べてみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA