漢字読み講座

「顛末」の読み方は?「しんまつ」ではありませんよ

「顛末」の読み方をご存じでしょうか?

「真」という字が使われていますが「しんまつ」と読むのは間違いです。

日常的にはあまり使わない言葉ですが、聞いたことがないような言葉ではありません。

さて、あなたには読むことができますか?

「顛末」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇〇」の4文字
  2. 「物事の初めから終わりまで」という意味
  3. ことの顛末

以上の3つのヒントから、考えてみてくださいね。

「顛末」の読み方!正解は!?

正解は「てんまつ」です!

「顛」という字には「てっぺん」「頂き」という意味があるため「顛末(てんまつ)」は「物事の始まりから終わりまで」という意味になります。

この言葉は、一般にうまくいった物事には使いません。

何かの事件がおきたり、仕事がうまくいかなかった場合などに、ことの発端や経緯、結末などを確認するために使う場合がほとんどです。

なお「てんまつ」を「転末」と表記しているのをたまに見かけますが、それは間違い。

間違えやすいので注意しましょう。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA