漢字読み講座

「呂律」「挿げる」「零落れる」これら3つの漢字の読み方がわかりますか?

今回は「呂律」「挿げる」「零落れる」です。

見たことはあるのに、なかなか読めないこれらの漢字。

あなたは全部読めますか?

1問目はこの漢字から!「呂律」

「呂律」の読み方をご存じでしょうか?

「ろりつ」「ろつ」は、どちらも間違いですよ。

すぐに読めなかった人も、日常生活の中でよく耳にする言葉なので、少し考えたらわかるかも。

さて、あなたには正しく読むことができますか?

「呂律」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇」の3文字です。
  2. 話すときの調子のこと
  3. 酔っぱらって呂律が回っていない

以上の3つのヒントから、考えてみてくださいね。

「呂律」の読み方!正解は!?

正解は「ろれつ」です!

ヒントの段階で、ほとんどの方が読めたのではないでしょうか?

「ろれつ」はそもそもは「呂律(りょりつ)」と読んでいたのが変化して「ろれつ」になりました。

ろれつが回っていないことを「滑舌(かつぜつ)が悪い」という言う場合もあります。

酔っぱらってろれつが怪しい人の言うことは、たとえ正しい意見であっても、信用してもらうことができません。

お酒はほどほどに、会話を楽しめる程度が良いですね。

2問目はこの漢字!「挿げる」

「挿げる」の読み方をご存じでしょうか?

「挿す」と書いて「さす」と読みますが、「さげる」や「ささげる」と読むのは間違いですよ。

普通によく見る漢字なのに、意外と難しいですね。

さて、あなたには正しく読むことができますか?

「挿げる」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇る」の3文字です。
  2. さし込んだり、はめ込んだりすること。
  3. リーダーの首を挿げ替える。

以上の3つのヒントから、考えてみてくださいね。

「挿げる」の読み方!正解は!?

正解は「すげる」です!

「挿」という漢字には、さし込む、はさみ込むという意味があるので「挿げる」はヒントで示したように「さし込む」「はめ込む」という意味になります。

日常でよく耳にするのが、ヒントの③で紹介した「〇〇の首を挿(す)げ替える」という表現ですね。

「重要な役割や任務についている人を他の人に替える」という意味です。

また、針の穴に糸を通したり、穴にピッタリと合うものを入れ込むことも「挿げる」と表現しますよ。

最後はこの漢字!「零落れる」

「零落れる」の読み方をご存じでしょうか?

「れいおれる」や「れいおちれる」と読むのは、どちらも間違いですよ。

かなりの難読ですが、読み方を聞くと誰でも知っている言葉に違いありません。

さて、あなたには読むことができますか?

「零落れる」の読み方のヒントはこちら!

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇れる」の5文字です。
  2. 地位が下がったり財産を失ったりしてみじめな状態になること。
  3. 「彼も零落れ果てたものだね」などと使います。

以上の3つのヒントから、考えてみてくださいね。

「零落れる」の読み方!正解は!?

正解は「おちぶれる」です!

ヒントでわかった方が多いと思いますが、ノーヒントで読むのは非常に難しいですね。

「零(れい)」という字は文字通り「何もない」という状態なので、何もない状態まで落ちることを「おちぶれる」と表現します。

熟語だと「零落(れいらく)」という言葉もありますね。

「零落」は草木が枯れ落ちるという意味ですが、おちぶれるという意味も持つ言葉です。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA