漢字読み講座

「撒布」ってなんて読む?(さんぷ)ではありません!

「撒布」って何て読むか分かりますか?

 

(さんぷ)ではありません。

 

(さんぷ)は「散布」ですので、「手へん」がありません。

 

さあ、一体何と読むのでしょうか?

 

「撒布」の読み方のヒントは?

例文①:全ての農地に水を「撒布」するように命じた

例文②:驚くべき遠距離に「撒布」される

という風に使います。

 

意味は「広範囲にまき散らすこと」です。

 

何と読むか分かりましたか?

 

「撒布」の読み方、正解は……

正解は……

 

「さっぷ」

 

です!

 

現在では、「撒布」も「散布」も(さんぷ)と読むようになりましたので、

厳密には間違いではありません。

 

「散」につられて(さんぷ)と読む人が多かったためです。

 

同じ間違いをする人が多いと、その間違いがそのまま定着し、「慣用音」と呼ばれる音読みが生まれます。

 

「撒布」と似たような言葉で「噴霧」がありますが、意味に違いがあります。

 

「撒布」は水や薬剤をそのままジョウロ等を用いてまき散らすことですが、「噴霧」は液状のものを霧状(ミスト)にしてまき散らす必要があります。噴射器等を使って、農業等で農薬をまくときに使う言葉です。

 

最近ではドローンを導入して農薬を「撒布」する人も増えてるようですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

ABOUT ME
yama-sa
佐賀県在住の佐賀をこよなく愛するライターです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA